日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

どうも自分のサッカー観は変わっているらしい。

先日ラーメン屋で「エル・ゴラッソ」を読みながら食事をしていたら、別の席のお客さんが、「Jリーグなんてダメだよ」的な話をしていた。曰く、世界的にはレベルが低いし、日本代表の主力もすぐ海外移籍しちゃうし、観てるファンも一部のマニアだよねという、まあよくある話だ。
さすがに見てたものがものだったので非常に気まずい思いであったが、そういう主張もわからなくはない。かつてのように世界的な有名選手がいるわけでもないし(日本と韓国を除いたら2006年W杯に出る選手はいるのだろうか?ちなみに前回はミリノビッチ(スロベニア)だけだった気がする)、今「客を呼べる」外国人といったら、ポンテ、ワシントン、フェルナンジーニョくらいだろうか。今年は実際に観客動員も減っているようだし、髪を切りに行っても美容師さんがするのは大概チャンピオンズ・リーグの話だ。ウイイレの影響も大きいんだろうけど。
そんなことをぼんやりと考えてたら、丁度ケット・シーさんのエントリがあった(「サッカーの見方、考え方」)。「コミュニケーション・ゲーム」と「テクニック・ゲーム」という概念整理は、非常に明快だなあと感服。しかし、さっき述べたような実感から考えるに、一般的には、「テクニック・ゲーム」として見る人の方が多いのではないかと思う(一時期のレアル、今ならバルサに人気があるのがその象徴でしょう)。
ちなみにこの二分法だったら、自分は「コミュニケーション・ゲーム」派(ガゼッタさんなら「コレクティブ」という言葉を使いそうですが)なんだろうなあ。それもかなり極端な。何せファンからも評判の悪いクーペル時代のヴァレンシアや、ベロン、クレスポのいた時代のパルマが好きだったりするくらいなので(ちなみに2002年W杯はデンマークが一押しでした)。ここ数年のトレンドではないけど、ラインを高く保ってボールを持ったら全員が一斉に走るような感じ。といいつつ、スカパーに入ってないのでデル・ネリのサッカーは見ていないのですが…
Jリーグでもこれくらい極端なライン・ディフェンスをするチームがあると面白いのですが(オシムもシャムスカも今ひとつツボに入らないのはそこが原因なんだと思います)。個人的には、今浪人中のこの人がJリーグの監督になってくれないかと思っているのですが…
[PR]
by silky_wing | 2006-04-20 22:12 | その他サッカー