日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

コミュニケーション能力。

僕もささやかながら就職活動を行ったときに、「コミュニケーション能力」がないって言われたことがある(そういう意味では、あの頃の自分を拾ってくれた、現在の会社には本当に感謝している)

でも、昔そういう風に言われた立場からすると、「最近の若い人はコミュニケーション能力が低下した」という言い方には少し反論しておきたい。

社会学者の宮台真司氏は。かつては「会社」ないしは「同世代であること」(これに、「地域」を加えてもいいだろう)が共同体として機能していたが、こうした共同体が崩壊したことにより、コミュニケーションの不確実性が生じているのが現代であるとしている。今の社会は戦後日本においてかつてないほど「個」としてのコミュニケーションが求められる社会なのである。
また、マクロ的にみれば、就業構造の変化も大きいだろう。第3次産業の増加、要は、工場の労働者より接客業に従事する人が増えていることが、社会全体におけるコミュニケーションの必要性を高めているということも指摘できるのではないか。。
(ちなみに、いわゆる「マニュアル敬語」を批判する人にもそういう意味では反論しておきたい。あんなもの、単に社会全体のコミュニケーションの要求水準が高くなっただけ。昔の店員さんなんて、知らない人に対しては、駅の売店のおばちゃんくらい愛想がなかったと思いますよ。)

だから、「コミュニケーション能力」がないって言われたって、自信をなくさないでください。社会経験がないのに社会人としての話し方が上手じゃないのは当たり前。大事なのは能力じゃなくて、「伝えたいことがあるかどうか」と「伝えようとしているかどうか」です。そして、よく言われることですが、採用の最後の決め手は、「一緒に机を並べたいかどうか」です。だから、ちゃんと準備した上で、自分の人柄が相手に伝われば、きっとうまくいきますよ。面接官の中にだって、自分の会社でしか通用しない論理しか語れない人もいっぱいいます。僕の知り合いの話ですけど、面接のとき逆に「仕事でやりがいを感じるのはどういう時ですか?」って尋ねたら、答えられなかったっていうことだってあるくらいですから。

もっといえば、今年の就職活動がうまくいかなかったとしても、まだチャンスはあります。よく言われているように、企業は団塊の世代の引退を見越して、採用を増加させる方向にあります。だから、近いうちに第二新卒や転職市場が売り手有利になることは、十分考えられます。

とにかく、就職活動をされておられる学生さん。応援しますので、頑張ってください!!
(ご感想などありましたら、気軽にコメントしてみてください)
[PR]
by silky_wing | 2005-05-18 10:48 | 研究