「ほっ」と。キャンペーン

日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

業務連絡

本ブログは実質「休止」状態ですが、ネットでの活動は続けておりますので、移転先等をお知らせします。

ブログ:
http://d.hatena.ne.jp/noriyukin/

よろしくお願い申し上げます。

N研究員拝
[PR]
# by silky_wing | 2010-08-29 11:27

栃木-徳島@西が丘

J2を目指すため完全プロ化したため、ほとんどの選手が入れ替わっちゃったんで、最近はご無沙汰だったのですが、久しぶりに行ってきました。

というのも、ホームのグリスタ(栃木県グリーンスタジアム)はナイター設備がない工事中なので、ナイトゲームは東京で開催してるんで。

ま、自分的にはラッキーなのですが。

久しぶりに行った西が丘。
やっぱいいですね。ピッチとの距離が近くて。

前に行ったのも栃木SCの試合だったんですけどね。
(アマチュア時代、前期優勝を決めた横河武蔵野戦)

てか、その頃と応援している人の数があまり変わってないよ。
まあ、平日の上に地元じゃないんでこれは仕方ないのですが…

さて、やっと試合内容。

栃木は4-4-2の3ラインで、ラインを高く保つコンパクトなサッカーをやろうとしていた。

これは徳島相手には一応通用していて、中盤では数的優位を一応保っていて、互角にやりあえてた感じ。
もちろん、裏を取られたらってのはあるけど、徳島にはそんな気の利いた選手はいなかったし。てか徳島の10番、ブラジル人なのに何か微妙にいけてなかったような…

栃木の方は選手でいうと、米山と栗原はJ2下位ではちょっとレベルが違う感じ。
米山はディフェンスで非常に「効いてる」感じでボールの奪い方も安心して見てられる。
栗原は攻撃時のほとんどのボールは彼を経由してじゃなかったかな。松田監督が連れて来ただけに、当然といえば当然なのでしょうが。
元J1では河原もいたけど、そんなに目立ってなかったような印象。シャドータイプなので、チャンスがなかったというのもあるとは思いますが…

ただ、マイボールになってからの攻撃の形がなさすぎ。

何ていったらいいのか、単調な縦ポンとかサイド一辺倒とか、そんな言葉で形容できるような形すら見当たらないような感じ。うまく言葉にできなくて申し訳ないのですが、とにかく「形」すら見当たらないというのが正直な印象。
7試合やって1得点なのも、わかるような気がするといったところか。
まずは守備からで、チーム構築中なのかもしれないけど、ここまでいくと選手はもちろん、監督の手腕も問われるところではあるような。

というわけで、決定機は徳島の方が多かった。
得点かと思ったらオフサイドだったり、小針がやたら当たってたり。
徳島の決定機はセットプレー絡みがほとんどで、流れの中ではさほど崩されてなかったのが救いか。といっても、現代サッカーはセットプレーで決まるとも言われるので、単なる言い訳ともいえるのですが…
てか栃木は1回しか決定機はなかったし。

あと、期待してたのがアマチュア時代に栃木SCから大宮に移籍して、今年から戻ってきた若林。
このblogの過去ログを読んでいた方はご存知かと思いますが、当時のJFLでは抜きん出た存在感だったのが強く印象に残っていて、ずっと気になっていた選手なので、途中出場とはいえ、見られたのは嬉しかったです。

ただ、プレーがちょっとアレだったなあ…
確かにマークが厳しかったというのもあるけど、ポストとしては、もう少し頑張ってボールキープしてもらいたかったような。こう言っちゃあれだけど、徳島のDFに抑え込まれてるようではなあ…
僕の期待値が高かったってのもあると思うけど。
あと、チームとしても、若林の身長を活かした高いボールをもっと使ってほしかったなぁ。セットプレーもフィードも。
少なくとも今の状態では、途中出場なのもやむを得ないのかなあと。
個人的には日本には少ないタイプの万能型FWと評価しているので、河原との2トップが機能すれば面白いはず。もっともっと頑張っていただきたい。

こんな感じなので、結果は書くまでもないですよね。
0-0のスコアレスドローでした。
でも楽しかった。このチームはまだ成長途上。また観に行きたいです。
[PR]
# by silky_wing | 2009-04-16 01:18 | 栃木SC
松田浩監督就任のお知らせ

いやー、先日ヴィッセルを解任されたときから、「来てくれたらいいな」って思ってたけど、まさかホントに来てくれるなんて。
たぶん、国内でフリーの監督の中では最高クラス。ヴィッセル時代のコレクティヴなサッカーが、僕の好みってのもあるけど・・・

来年J2昇格1年目だけど、これなら結構いいとこ行けるんじゃね?

って、期待のしすぎはよくないですね。

でも、信頼できる監督さんなんで、短期にならず、中期的に任せるつもりでいれば、きっと結果を出してくれると思いますよ!
[PR]
# by silky_wing | 2008-12-15 20:56 | 栃木SC

【祝】参入決定。

わかってたことですが。
改めて、感慨深いものがあります。
しかし、来年のJ2は51試合かぁ。多いなあ…

Jリーグ:栃木、富山、岡山を承認…来季からJ2でプレー

 Jリーグは1日、東京都内で臨時理事会を開き、Jリーグ準加盟クラブのうち、日本フットボールリーグ(JFL)で今季2位の栃木SC、3位のカターレ富山、4位のファジアーノ岡山について、Jリーグ入会を承認した。新クラブの入会は昨年のロアッソ熊本、FC岐阜以来。来季はJ1が今季と同じ18、J2が3増の18クラブとなる。

 3クラブは、JFL4位以内という成績面の条件をクリア。経営面の審査も踏まえて承認された。Jリーグの鬼武健二チェアマンは「上がったけれどしんどいでは困る。さらなる経営努力をしてほしい」と求めた。

 準加盟クラブのうち、ガイナーレ鳥取はJFL5位、ニューウェーブ北九州は同10位で条件を満たさず、審査対象から外れた。

 また、J2優勝の広島と2位山形のJ1昇格も承認した。鬼武チェアマンは初昇格の山形に「山の神をびっくりさせるような活躍を」とエールを送った。3位となる可能性のある仙台、セ大阪、湘南、鳥栖も、J1との入れ替え戦に勝った場合に承認する。

 J2は来季も現行の3回戦総当たりを継続する。J1の16位とJ2の3位で行っている入れ替え戦を廃止し、J1の下位3チームが自動降格し、J2の上位3チームが自動昇格する。

 Jリーグは将来、J2を最大22クラブに拡大し、上限に達し次第、JFLとの入れ替え戦を行う方針。J2が19クラブ以上となった場合、2回戦総当たりに変更する。

 ◆J2昇格チーム紹介
 ◇栃木SC 前身は1953年発足の栃木教員サッカークラブで、94年に現在の名称へ変更し、一般社会人にも門戸を開放してクラブチーム化。00年にJFLに昇格し、07年2月に準加盟した。ホームタウンは宇都宮市。
 ◇カターレ富山 JFLのYKKAPとアローズ北陸がJリーグ加入を目指し、07年オフに合併して誕生。「カターレ」はイタリア語の「カンターレ(歌う、語る)」と富山の方言「勝たれ」をかけている。ホームタウンは富山県。
 ◇ファジアーノ岡山 川崎製鉄水島OBによるサッカー同好会を前身とするクラブチーム「リバー・フリー・キッカーズ」を母体に、03年発足。07年に地域リーグ所属で初めてJリーグ準加盟を果たした。ホームタウンは岡山県。

 J2は来季も現行の3回戦総当たりを継続する。J1の16位とJ2の3位の間で行っている入れ替え戦は廃止し、J1の下位3チームが自動降格し、J2の上位3チームが自動昇格する。

[PR]
# by silky_wing | 2008-12-01 23:17 | 栃木SC

【祝】J2参入。

栃木SCが4位以上を確定 サッカーJFL

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は16日、後期第15節最終日を行い、Jリーグ加盟を目指す栃木SCがアルテ高崎に6-1で大勝し、Jリーグ加盟条件のひとつとなる4位以内に入ることを確定した。
 栃木は残り2試合で勝ち点61の2位。勝ち点54で5位のガイナーレ鳥取が2連勝しても、栃木を上回れない。3位のカターレ富山、4位のファジアーノ岡山はともに勝ち点58で、次節に勝てば4位以内が確定する。


選手、監督、スタッフをはじめ、関係者の皆様、おめでとうございます!

自分は3年前の全員アマチュアだった頃から栃木SCをウォッチしていて(その関係で、今も「J . B . A n t e n n a」には登録されています)、今のプロチーム化したチームはあまり観ていないし、今日も所要でグリスタには行けなかったのだが、それでも単純に嬉しい。

J2だと、首都圏での試合数も少し増えるというのも理由にあるがそれはナイショだ(笑)。

恐らくフロント的には、最低限の目標だったし、これからが大変なのはもちろんわかる。

でも、今日ばかりは選手を讃えたい。本当にありがとう!
[PR]
# by silky_wing | 2008-11-17 00:43 | 栃木SC

【音楽】大人買い。

気づいたら、ですが、同日発売のシングル3枚も買っちゃってました。
あんたどこまで好きなんだよ、てかミーハーなんだよって話ですが(笑)

<いずれも7月9日発売>
○Perfume「Love the World」(7/21付オリコンウィークリー1位)
○マキシマム ザ ホルモン「爪爪爪/「F」」(7/21付オリコンウィークリー2位)
○Sotte Bosse「ボクたちのうた」(7/21付オリコンウィークリー35位)

でも、せっかくCDを買ったんだから、iPodの音質じゃなくて、いいオーディオ機器で聞きたいです。
ま、そこまでやると青天井なので、究極の大人買いになってしまうのですが…
その前に広い部屋に引っ越さないといけないので、もちろんそこまでいけないのですが…。

Perfumeの新曲はやばいくらい中毒性が高いのは、すでに以前の日記に書いた通りですが、マキシマム ザ ホルモン(以下、「ホルモン」)もやばいです。この変態的な音と歌詞は、癖になります。てか作詞作曲の亮君、あんた天才だよ。某マイミク氏が猛プッシュするのでどんな曲かと思って試しに聞いてみたら、すっかりやられました…

PC環境の方は、とりあえずタイトルナンバーの「爪爪爪」だけでも聞いてみてください。とにかく壮絶な曲です。イっちゃってます。ただし、良い子は聞いてはいけません(笑)。いや、ホントに。

http://jp.youtube.com/watch?v=bm62LigQhEE

歌詞を見ながらの視聴推奨。てか歌詞ないと意味わかんないし。

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND67492/index.html

音楽的には、ミクスチャー系になるのかな。学生時代には、ビースティ・ボーイズとか、レッチリとかとか、山嵐とか聴いてたので、まあありっちゃありなんだけどね。リリックはエッジが聞いてイイ感じだし、サビはメロディアスだし。

てか、ライヴで聴きたいです。モッシュの嵐に飛び込みたいです。そんな体力ないですが(笑)でも、ツアーは完売の模様。残念…

でもこの歌詞はやばいでしょう。とにかく、ものすごい内容。全編変態すぎ。こんなこと書いちゃっていいの?って心配になるくらいです。

一言で言えば、SMの曲です。歌詞カードのメンバー自身の解説によれば、「SとSの痛み合戦」だそうで。
僕は自他ともに認めるMなので、よくわからないですが(笑)。

てか、こんなやばい曲がオリコン2位です。
JR渋谷のハチ公口改札に、大きな看板があります。やっぱり、「良い子は聞いてはいけません」って書いてある(笑)。

何度でもいいますが、といっても内容はド変態な歌なので、この扱いは信じられないです。今後の日本が心配になってしまいます。僕は好きですけどね。

最近の歌番組は歌詞を表示するので、これじゃいくら売れてもテレビ出演は無理そう。ま、別な面でもいろんな意味でテレビ的じゃないのですが。

ちなみにC/Wの「F」は、まんまフリーザの歌なのですが、ドラゴンボールはピッコロ大魔王編までしか読んでなかったので、イマイチ乗れず。残念。

てか、ホルモンの話しかしてないですね。今テンション下がり気味なので、刺激物を欲してるのかも。

元気になって疲れたら、多分sotte bosseに癒しを求めると思います。

ではでは。
[PR]
# by silky_wing | 2008-07-31 23:13

【Live】衝撃体験。

昨日、行ってまいりました。


初の生Perfume@横浜BLITZ。


熱心なファンの方には申し訳ないのですが、e+のプレオーダーでたまたま当たってしまいまして。多分すごい確率だったと思います。
でも、「GAME」は凄いアルバムだったし、ライヴパフォーマンスがやばいくらいすごいっていうのは聞いていたので、楽しみにしていたのですが…


ちなみに横浜BLITZは久々。前に来たときはDragon Ashでした。←どこまでミーハーなんだ(笑)。

それはそうと、駅に着いた瞬間から、プラカード攻撃が凄い。さすが推定オークション市場価格2万円と言われてるだけのことがある。

会場に着いたけど、整理番号が悪く、後方(といっても、1段上がってるところじゃない方)に陣取ることに。
僕は身長が低かったし、周りは背の高い人ばかりだったので、残念ながらぶっちゃけ見辛かったです(涙)。


何か最初の方は普通に楽しいライヴだったというか、実際に歌ってないのは予想通りだし(これはエフェクターバキバキにかけている以上、生歌を求めるのはできない相談ですが)、確かに3人に売れてるオーラ出てるなあというのは感じたものの、それ以外はむしろモッシュ組のお客さんの盛り上がりの方がすごいなあと感じた程度だったのですが…


途中でMCが入ると、印象が一変しました。
なぜだ。なぜこのグダグダなMCに引き込まれるんだ。ほんとグダグダでどこに連れてかれるかまったくわからないんだけど、なぜか不思議とトークに引き込まれるんですよね。ね。これって「話術」?それとも「天然」?むしろ幻惑されてる感じですが…

てか何あの小芝居(アトマイザー小劇場:のちおがあーちゃんのこと好きなんだけど、なかなかコクれないっていうのを、3人で芝居形式でやるパフォーマンス。)。ありえねー。仮にもライヴの場で、小芝居やろうなんて誰が思いついたの?
しかも、11公演全11話だったらしい。行ったのが最終公演だったからいいようなもので、これ途中で終わってたら何これ?ってなっちゃうよ。どうしてたんだろ?今回は最終公演なので、最終話のためこれまでのあらすじ全部やってくれたんで、最高に面白かったけど。のちお、よかったね。
(内容はこちらをご参照ください。)

その後はのっちが何か説教しはじめるし(「ライヴというのは自分から楽しみにいくものだとかそんな感じ」)、でも聞いてるとうしゃー、盛り上がるぞ!って気持ちになっちゃうし。

その状態で、次は「ポリリズム」ですってMCが入る。
もう盛り上がったとかそんなもんじゃなくて、そっから先は、めっちゃ興奮してました。立て続けに、「チョコレイト・ディスコ」、「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」と続けざまにアガる曲がつづいたので、うわああああああってなっちゃって。

多分僕だけじゃなくて、会場全体ロックしてましたね。あの瞬間は。

すごい、すごすぎる。「てゆーかありえなーい」(by Perfume)

あと、最後のサプライズ・入場者全員でのサイリウム攻撃も成功してよかった。3人とも泣いてましたしね。

てか、みんな言ってるけど、アイドルとかテクノとか、Perfumeにジャンル分けはナンセンス。Perfumeって存在そのものが、1つのジャンルなんだというのを、改めて痛感しました。

とはいっても、J-POPを長く聴いてたものとしては、何となくSPEEDに存在感が近い気はするんですけどね。共通項はそんなに多くないので、多分に感覚的なものなのですが…

いやあ、11月の武道館が楽しみ。ハコが大きくなって、あの雰囲気が維持できるかわからないけど、Perfumeらしさで会場をロックしてくれることを期待しています!もちろん、チケットが取れたら僕も参戦いたします。


参考:セットリスト(パヒュコミュの書き込みより)

【横浜BLITZ(20080601sun_1703-1952)"エスキモー pino presents Perfume First Tour「GAME」"11日目-最終日セットリスト】

1 GAME
2 エレクトロ・ワールド
3 コンピューターシティ
4 コンピューター ドライビング
 ※MC(昨日の横浜公演…)
5 Twinkle Snow Powdery Snow
6 Baay cruising Love
7 ファンデーション
 ※Buttefly(衣装替えBG)
8 Take me Take me
9 シークレットシークレット
10 マカロニ
 ※MC(アトマイザー小劇場第11話完結編:あらすじ付き~のっち檄!)
11 ポリリズム
12 チョコレイト・ディスコ
13 パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
14 ジェニーはご機嫌ななめ
15 Perfume
 ※アンコール(MC:全員で記念撮影、三大発表、セラミックガール振り付け講座…)
16 セラミックガール
 ※MC(GAMEでゲームのコーナー:ジャンケンかしゆか勝利。他候補曲:のっち=おいしいレシピ、あ~ちゃん=スウィートドーナッツ)
17 彼氏募集中(歌詞アレンジ)
18 wonder 2(全員でサイリウム振り)
 ※MC(一人ずつ、ツアー全体の感想をコメント。去りぎわにあ~ちゃん、ラジバンダリー!)
[PR]
# by silky_wing | 2008-06-02 23:57
最近、すこしずつ本が読めるようになってきている。
とはいっても、仕事とは関係ない小説とか新書とか程度なのですが…
でも、精神的に参ってたときに比べたら一歩も二歩も前進してるので、しばらくはこれでいいかなって思ってます。
もっと元気になったら、仕事に関係する本も読んで勉強しなきゃですが…

てわけで、日曜日暇だったので、ジーンズに穴が開いていたため新しいジーンズを買うついでに、本屋さんに行って本を物色してきました。

で、そのなかの一冊が表題の島本理生『ナラタージュ』
2005年刊行の本ですが、文庫になっていたので、買ってみました。

高校生の時から好きだった演劇部の顧問の先生を、卒業しても想い続ける女子大生のお話。

著者は何と1983年生まれなのに非常に文章が上手で、まずはそこにビックリ。スーッと入ってくる文章だし、一気に読ませる筆力もある。実際昨日の夕方買って今日読み終わっちゃったし。文章のデキのよさにまずは感心しました。

でも、ストーリーには率直に言ってあまり感心しなかったなあ。

敢えて言うなら、この小説のメッセージって、「恋愛って美しいものじゃなくて、辛くて残酷なものである」ってことなんだと思うけど、それってある一面でリアルなのかもしれないけど、読後感はあまりよくなかったなぁ。
葉山先生は主人公に残酷だし、主人公だって小野くんには残酷だし。何か優しくすればするほど相手にとって残酷なことをしてるのを延々と見せられて、もっと何とかならんのか!って気持ちになるばかりで、いまいち乗れなかったなあ。
てか先生ひどすぎ!最後には(ネタバレ用自主規制)なのは、何かガッカリ。それまでのもったいつけた態度は何だったんだ!って思ってしまいましたよ。

でも、ハッとするような一言もありました。
最後の方の場面での主人公のモノローグなのですが、
「この人からは何も欲しくない。ただ与えるだけ、それでおそろしいくらいに満足なのだ」って下り。
女の人って、こういう風に考えるんだぁって、何となく参考になりました。

とはいうものの、この小説、「この恋愛小説がすごい! 2006年版」(宝島社)第一位を受賞しているんですよね。
皮肉めいた言い方をすれば、本を読むのが好きで、実際の恋愛より空想が先行するタイプ(お前もだろ!ってツッコミはなしね)には(書店の店員さんに多そう)、受けるんだろうなとは思うのですが。あと、高校時代に先生を好きになっちゃうタイプの女性とか。

とここまで辛口のことばかり書いたけど、文句なしに面白い本です。皆さんも機会がありましたら、ぜひ読んでみてください。

あと最後に業務連絡。
現在読書強化月間なので、何かオススメの本がございましたら、当方までお知らせください。ジャンルは問いません。よろしくお願い致します。
[PR]
# by silky_wing | 2008-04-08 00:40

Beautiful World

ブクマ的ですが、備忘ログ的に。

宇多田ヒカルと「エヴァンゲリオン」活字中毒R。

とにかく、味わい深いインタビューです。ぜひご一読ください。
[PR]
# by silky_wing | 2008-04-05 00:58
実は20日から4連休のN研究員。
オールした後J2に行き、姉の出産に立ち会った後の土曜日は、映画館をチョイス。
前から気になっていた、映画『バンテージ・ポイント』を観てきました。
チェックしたのは、いつも見ている、↓この映画批評サイトで大絶賛だったからってだけですが…
http://movie.maeda-y.com/movie/01067.htm

ストーリーはというと…

スペインでアメリカ大統領が狙撃される。
その状況を、その場に居合わせた8人の異なる視点から、各シーンが密接に絡まりながら捉えていく。そしてシーンが切り替わりながら、事件の思わぬ真相が明らかになっていくが…

感想は一言。

「すげー面白い!!」

大興奮でした。90分があっという間。息つく間もなかったので、唾を飲み込みっぱなしで観てました。

何がどう面白いのか、そして1つだけあったストーリーへの不満はネタばれになるのでいえませんが、サスペンス・アクションが好きな方ならきっと気に入るはず。

1日暇で時間をつぶしたいって方がいましたら、ぜひ映画館まで。文句なしで楽しい時間が過ごせると思います。

アメリカ映画って基本的にそんな好きな方じゃないと思うんだけど、たまにこういうすごい作品があるので侮れないんですよね。

何か最近遊びまくっているなあ。
しかもすげー楽しい。最近生きてて幸せです☆

でも、来週からは嵐のように忙しい日々が再開するので、月曜からはモリモリ仕事するぞー!おー!

その前に明日のフットサルがあるけどね☆
[PR]
# by silky_wing | 2008-03-22 23:16