日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

カテゴリ:都市・地域雑感( 7 )

過疎地域の2641集落が消滅の危機 国交省など調査(朝日新聞)
 全国の過疎地域にある約6万2000の集落のうち、4%強にあたる2641集落が高齢化などで消滅する可能性があることが、国土交通省と総務省の調査でわかった。うち422集落は、10年以内になくなる可能性があるという。地域別では中国、四国が多く、いずれも500集落近くが消滅の危機を迎えている。
 調査は過疎地域自立促進特別措置法に基づいて、過疎地域とされている全国775市町村を対象に、両省が昨年4月末に実施した。「集落」の定義は数戸以上の住居のまとまりで、町内会などの単位となる地域。消滅の可能性の判断は各市町村にまかせた。


かつて、明治時代には約70,000(明治21年には71,314だったという。ソースはこちら)の自然村があるといわれており、これが同年の市制町村制の制定により、約15,000の行政区画としての市町村になった。当時の総人口は約4,000万人。集落当たり約500人強ということになる(都市部を考えれば、平均的な集落の人口はもう少し少ないだろうが)。

現在の日本の人口は約1億2,000万人。減少基調にあるとはいえ、当時の3倍だ。しかも、当時とは比べ物にならないだけの豊かさと科学技術を持っている(いや、政府の負債だけは当時を上回っているかもしれないが)。もちろん、いくら豊かで技術があっても、これら全ての集落に都市的な生活を営むだけのインフラを提供することは不可能だ。それでも、何とかならないものだろうか。

日本の場合、平野部に比べて山林部の面積が遙かに大きい上、下流域にある平野部が、上流域にある山林部と直結している構造にある。これがどういうことを意味しているのかといえば、アメリカの場合、極端なことをいえばゴーストタウン化した地域を放っておいても、(汚染物質等は別として)特段の支障が生じるわけではないが、日本の場合、山林部にある集落が、平野部にある都市部を守っているという側面がある。環境学の知見では、自然というのは人間によって一定の手を加えることによってはじめてコントロール可能になるという面があるからだ。

その山林部の集落が、維持できなくなりつつあるというのだ。これは極めて重大な問題なのではないか。背景には都会への人口流出もあるし、近年は総人口の減少もこれに拍車をかけている。産業構造の変化も要因だし、国・地方を通じた危機的な財政状況も大きな要素だ。

恐らく調査の「消滅する可能性のある集落」というのは、定義次第でもっと多くなるだろう。そして、公共事業と地方交付税でこれらの集落を維持することは不可能なことは、ここ30年くらいの年月が証明している。では、わが国の国土保全はどうすればいいのか。自分を含む都市住民にとっても重大な政策課題であるにもかかわらず、議論は依然として「都市」と「地方」の対立という、紋切り型の捉え方だけにとどまっている。確かに地味ではあるけれど、これは重大な政策課題なのではないか。陳腐な表現で恐縮だが、自然科学と社会科学を融合させた学際的・総合的なアプローチこそが、今求められているのではないかと思う。

※何か、学部生のレポートみたいになってしまいましたね。掘り下げた考察ができなくて申し訳ないです。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-27 00:11 | 都市・地域雑感
d0048858_23584510.jpg

d0048858_23585946.jpg

d0048858_23591518.jpg

かねてから行く計画はあった(参照)コスプレ喫茶に、ようやく行ってきますた。
大阪の友人が、「東京方面に行く用事があるので、ついてはアキバを案内せい」という指令があったもので。
友人のオーダーが、「萌え萌えジャンケンが見たい」というものだったので、
ドンキの上にある有名店「@home cafe」に行くも、あまりの混雑に(土曜日のお昼時だから仕方ないか)断念。
カレーをふーふーしてくれる(商品名:「恋人気分でふーふーあーん」←書いてても気恥ずかしい(照))らしい、「cos-cha」というお店に。
「お帰りなさいませ、ご主人様。」(ちなみに帰りは「行ってらっしゃいませ」)
おお、これが聞きたかったんだ。
案内されたのは、「学園席」。これって、学校の机じゃないですか。
しかも、オススメメニューが黒板に書いてあるし(しかも日付は前日)。
すげー空間だよ。もうこの時点でお腹いっぱい。
つーわけで、チキン二人はカレーふーふーを頼む勇気もなく、
友人はメイドさんがシェイクしてくれるミックスジュース、僕はビールを注いでもらうくらいにしておきました。
ジュースをシェイクしてくれる間に、メイドさんと少し話したのですが、尋ねられたのが、
「cos-chaは何回目ですか?」
「この後、メイド喫茶めぐりするんですか?」
をいをい、皆様何てディープな楽しみ方をしてるんですか。
そういえば、通りかかった店では、カウンター越しに楽しそうに会話してた人とかいたもんなあ。
で、友人が大阪から来たという話をしたら、
「大阪のコスプレ喫茶には、お好み焼きにマヨネーズで文字を書くらしいですよ。」
恐るべし大阪。関西方面の読者諸兄におかれましては、是非リサーチをお願いいたします。
その後、有名な缶おでんの自販機に行くも・・・
左の牛筋は売り切れの上、もう一つの方も全く暖まってない。つーか常温以下。
もう、すっかり有名スポットになってしまったのねと、改めて実感しました。
でも、以前と比較すると、カップル比率が増えたような気がします。
(コスプレ喫茶にも結構いたし)
が、しかし、萌え比率は絶賛増大中。なんと言ったらいいのか・・・

(追伸:しかし、会社の同僚(通称:会長)に行く前に話をしたら、「アットなんとかに行ってきてください」って、何で店の名前を知ってたの?あやしい、あやしすぎる。)
[PR]
by silky_wing | 2006-01-30 00:24 | 都市・地域雑感

神戸といえば

d0048858_1736738.jpg

これしかないでしょ。
明日は神戸で友達の結婚式。移動日の一コマでした。
[PR]
by silky_wing | 2005-09-16 17:32 | 都市・地域雑感

圧倒。

d0048858_17352499.jpg


休暇をとって、だんじり祭りを観に行ってきました。

一応、予習を兼ねて江弘毅『岸和田だんじり祭だんじり若頭日記』に目を通して行ったのですが、やはり、見ると聞くのは大違い。
静岡育ち、首都圏在住の自分にとっては、本当の意味での「祭り」を見るのは初めてだったので、すごく新鮮な体験でした。すごい人だったのもビックリしたけど、参加している人が多かったのもあって、見る人がお客さんという意識ではなく、街全体が一体となって、まさに文字通りの「お祭り」状態になっていたのが印象的でした。いい意味で、ここは日本かと思いましたよ。
案内してくれたHさん、どうもありがとうございました。
[PR]
by silky_wing | 2005-09-16 02:04 | 都市・地域雑感

観戦記を期待されていた方、どうもすみません。
諸般の事情により、日帰りで「愛・地球博」に行ってました。
とにかくすごい人!人!人!この日の公式入場者数は141,587名だそうですけど、もっといたような感じでした(追記:次の日の入場者は215,976人!土曜日にしたのは結果的には正解?)
なので、企業パビリオンを華麗にスルーしつつ、人気国のパビリオンすらもスルーしつつ、微妙なパビリオンが醸しだす香ばしさをひたすら味わうことに丸一日費やしてきました。というわけで、これから行かれる方は、以下の点にご留意ください。

○1日で全て回るのは物理的に不可能。2日かけるか、行く場所を絞り込むかのいずれかが必要。
○人大杉。可能ならば、平日に行くべし。
○パビリオンの一部は予約可能なので、予約(事前のチケットの購入が必要)しておくこと。

でも個人的には、入場料(4,600円)を安くして、その分ファストパスのようなものがあった方がありがたかったかな。

サッカーファン的には、イラン館で売ってたアリ・ダエイ切手(1枚100円)がよかったです。あと、カメルーン館で1枚2,200円で売っていたレプリカユニフォームが本物かどうか激しく気になりました。

↓でも、一番圧倒されたのは、この一枚だったりして。
d0048858_12463751.jpgd0048858_14413862.jpg
[PR]
by silky_wing | 2005-07-17 12:40 | 都市・地域雑感
僕はナポリピッツァ(生地がもちもちしたやつ)が大好物で、釜焼きのを出してくれるお店の食べ歩きをしているのですが、ふと気づいたのが、恵比寿近辺にはどういうわけかイタリアンが多いっていうこと。blogに書こうと思ってたら、見事に先をこされてしまいました。悔しい!

BRUTUS No.574 イタリアン真剣勝負!
恵比寿・中目黒・代官山 イタリアン過密地帯マップ
東京にあるイタリア料理店数、現在なんと1,500軒以上。首都ローマより多いんじゃないかってくらいである。(中略)とくに、恵比寿、中目黒、代官山一帯、どうしちゃったのよ。(中略)この地図上では50軒だが、実際は100軒近くである。なんでここまで…。核となったのは中心部、恵比寿の<コルシカ>か。今年で創業35年。今も人気のこの店が磁場となって引き寄せたのかも。なんて、あくまで推測ですがね。


僕の仮説は、1994年に恵比寿ガーデンプレイスができたことをきっかけに、恵比寿が一気にオシャレな街になった時が、丁度イタメシブームだったからというもの。当時はバブルが崩壊したために、単価の高いフレンチから一気にイタリアンに流れて、それがイタメシブームにつながったって解説されてましたよね。

ちなみに、僕のお気に入りは、「VACANZA」というお店。気軽に入れて、財布にやさしくて、もちろん美味しい。とにかく、絶対損はさせません!ぜひ一度、行ってみてください。
[PR]
by silky_wing | 2005-07-11 22:00 | 都市・地域雑感

池袋とIWGP。

「なんだ、マコトさん、知らないの。今、キレイな女の子たちはみんな池袋に集まってるんだよ。柴咲コウだって、優香だってスカウトされたのは、この街なんだ。」
石田衣良「スカウトマンズ・ブルース」『池袋ウエストゲートパーク5』(文藝春秋,2005年)p.58

池袋が東京で一番アツい街と言われて、もう随分経つような気がする。
研究員の職業病?なのか、いつ頃からかちょっと調べてみたのだが、どうやら1997年がターニング・ポイントらしい。

池袋を舞台とした小説といえば、多くの人が真っ先に思い浮かぶのは、ドラマ化されて人気を博した「池袋ウエストゲートパーク」(以下、IWGP)だろう※。原作は、第36回オール讀物推理小説新人賞(1997年)の応募作として書かれ、その後、シリーズ化された小説であることから、丁度物語もこの頃の時期といえるだろう。
しかし、当時はコギャル・ブーム(1994~96年頃?)がまだ残っていた頃だったという向きもあるかもしれない。しかし、その時期に既に、馬場広信『シブヤ系対カマタ系』(ぶんか社,1997年)(コギャルと一口に言っても、渋谷に集まる子たちをよーくみると一括りにできなくて、出身地域とその地域が持つ歴史が浮かび上がってきますよということを指摘した隠れた名著。)によって、
「カマタ系は、シブヤ制覇の後、今いちばんアツイ街、池袋へ北上を始めた。(中略)だが、池袋は違う。北東京はもちろん、埼玉、千葉からヤバイ奴らが流れ込み、群雄割拠の戦闘を繰り広げる、とんでもなくアブナイ街なのだ。」
という指摘がなされている。
感覚的にも、渋谷のセンター街のあたりに週末来てるのは、地方の子だなという感じはある。かといって、池袋の場合、観光で東京で来た方にとってみれば、「東京らしい」っていう部分があるワケじゃないないので、逆に何もない街だなあと思われるかもしれませんが・・・
と、ここまで書いておいて恐縮ですが、実は僕自身が池袋にはあまり強くないので、機会がありましたら、またレポートします。
それではまた。

※こちらはドラマを見た方も多いと思いますけど、主演の長瀬智也、加藤あいをはじめ、今にしてみるとありえないくらいの豪華キャストです。あと、宮藤官九郎の脚本デビュー作だったのも隠れたポイント。ていうと、見たくなったでしょ?気になった方はTSUTAYAまで。といいつつ、僕も全部見てないのですが・・・原作のファンとしては、絶対見たいんですけどね。夏休みには見れるといいなあ・・・
[PR]
by silky_wing | 2005-06-12 22:55 | 都市・地域雑感