「ほっ」と。キャンペーン

日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

カテゴリ:Jリーグ( 25 )

これを書くと女性の方から猛反発を受けそうだが、
実は佐藤寿人はJリーグ有数のイケメンなんじゃないかと密かに思っている。
いや、僕の好きな若槻千夏に似てるからってわけじゃないんだけどね(笑)
しかも佐藤寿人の顔が好きって話を昔友達(女性)にしたら、「変わってる」って言われたし。

という前置きはさておき、個人的に佐藤寿人は大好きな選手だ。
裏へ抜けるスピード、点で合わせる動き、決定力の高さ。
ポストプレーだって決して下手なワケじゃない。
ドイツワールドカップ直前のテストマッチで、出場時間が短いながら必死で応援したのをよく覚えているし、オシムジャパンでも定着できなかったのは残念に思っていた。
そこにサンフレッチェの降格。もう代表に選ばれないのかと思うとガッカリするものがあった。

そんな時、KIND氏から、久保、サンフレッチェで復活の狼煙を上げるという日記を拝見する。
久保については説明無用でしょう。やばい、やばすぎる。超人的なフィジカル、イマジネーションというか本能迸るアイディア、強烈なシュート。怪我さえなければ日本サッカー史上に残るストライカーになっていたのは間違いない。

ってことはですよ。

ちょうど2006年ドイツワールドカップの頃、自分が日本代表の理想の2トップだと思っていた2人が、何と同じチームで競演することになるのだ!

でもJ2なのね。

でもでも観てみたい。いや、観るしかない!

って思ってたら、ちょうど今日、首都圏でサンフレの試合がある。
でも雨。平塚競技場は屋根がないらしい。
ちょっと不安。でも午後に家を出た時には雨が小降りだったので、大丈夫かな(楽観的観測)と思い、100円ショップで合羽を買って出かけることにする。

・・・着いたら大雨じゃん(涙)
こんな大雨の中での観戦は初めて。しかも超寒いし。
平塚駅からバスに乗って競技場のスタンドに着いた瞬間、来たことを猛烈に後悔しました(笑)。
帰りたい気持ちはあったんだけど、1時間半かけて来たんだからと思い直してスタンドに席を取る。寒かったのでキックオフ直前までコンコースで時間つぶしてたけど。

で、肝心な試合ですが・・・

すげー雨でピッチが水びたし。ボールが止まって止まって、そもそもサッカーにならないっつーか。
何でこんな試合を観に来たんだよって、泣きそうになる。

サンフレはボールが止まることを想定してか、ゲームを作るというよりかは、7人が引いてリトリートする形。
明らかに強者のサッカーではないけれど、指示なのか。湘南のボール時にプレスがかかってないけど、止まったボールを水際で止めるような感じ。

肝心の佐藤寿人も、ボールの引き出しでは随所でさすがという動きを見せるが(J2にいるレベルの選手じゃないのはもちろん)、ボールが思うようにコントロールできないのとフォローがないということもあり、いい形がなかなかできない。

それはそれでありなのかもしれないけど、点は入らないよなあ。こういう時はセットプレーなのかなあ・・・

と思っていたら、ゴール前でのFK。森崎浩司が左足で直接壁を越えてゴール!
やっぱり生で直接FKを観るのは気持ちいい。

しかしというか案の定というか、これでサンフレのドン引きに拍車がかかる。

正直ハーフタイムで帰りたくなりましたよ。

でも、久保がまだ出てないと思って何とか堪えて後半もスタンドに戻る。

後半になると雨は小降りに。よかったよかった。

そして後半途中。待ちに待った久保登場!

生久保はもしかして初めて?(代表予選オマーン戦@埼玉がありましたが、時間が短かったです)それにしても、やばい。やばすぎる。

打点の高いヘディング、全部ノートラップでの左足コントロール。思いっきり振りぬくシュート。

すごすぎる。もうすっかり虜ですよ。
来てよかった。チケット代の元が取れましたよ。心なしか寿人も生き生きしはじめてきたし。

って思ってたら2点目は意外な形。コーナーキックから、何と槇野のオーバーヘッド!

生でオーバーヘッドのゴールって観るのって初めてだったけど、すっげーかっこいい!

そしてそのままタイムアップ。

とりあえず今日は来てよかったし、超楽しかった♪

でもサンフレッチェはこれでいいのかな?
今日はピッチがひどすぎたためだけで、きれいなピッチならそれに合わせたサッカーをするって思いたいけど、雨が小降りになって相対的にピッチがましになった後半も同じ形をしていたのに一抹の不安が。

今後の展開に期待。ってことにしておきましょうか。
久保と寿人の2トップも90分観たいし。
[PR]
by silky_wing | 2008-03-20 23:03 | Jリーグ
行ってきました等々力競技場。
家から近いので、ジョギングでスタジアムへ。30分もかからなかった。電車だと遠い感じがしたのだが、直線距離にすると近かったのね。
アウェー席で観戦してきたのだけど、すごい人。観客席は満員だった。前日のチケット販売状況からすると意外に感じたが、絶好の行楽日和だったからか。

さて、本題のエスパルスであるが、これが何とも。
噂の新布陣だが、2節をBS観戦したときの印象と同じく、未だに交通整理が出来ていない印象。
伊東は少し下がり目なので若干違う部分もあるのだが、あえて数字にすると「4-3-2-1」的な感じか。

<こんな感じ>
       JJ
    岡崎  フェル
  兵働 伊東 淳吾
児玉 高木 平岡 市川

交通整理が出来ていないというのは、
○伊東以外の4人のMFの役割分担が不明確
○フェルナンジーニョという「異才」の使い方が見えない
○昨年までのサイド攻撃が少なくなった
ように思えるからだ。
この試合も、縦へのフィードを悉く跳ね返されるだけで、単調そのもの。3バックに対しての1トップでいくなら、サイド攻撃を重視するのは定石だが、それができていない。サイドから崩しらしい崩しができていたのは、1点取ったときだけだったか。
逆に川崎は、3バックが強い。地味な選手ではあるが、ロングボールはほぼ完全に跳ね返していた。さすがに昨年のJ1での2位は、攻撃力だけではないということか。でも、工夫次第では何とかなる気もした。この試合は、攻撃もそれほどではなかったし。川崎の2得点は、1点は清水のGK西部の凡ミス。2点目はミスでの失点によって浮き足立った時間帯での失点。この試合、連戦もあってデキはそれほどではなかったが、結果だけは残したといったところか。
清水は、これまでの成績は対戦相手にプロビンチャが多かったのもあって一応上位にはいるが、中盤の機能不全は明らか。このまま修正できなければ、負けが続いても不思議ではない。普通に「4-1-3-2」にすればある程度は修正できると思うのだが、長谷川健太監督は頑固だからなあ。このままでは個の力頼みのサッカーになるのじゃないかというのが心配です。

エスパルスは首位を逃した一方で、栃木SCはついに首位に。まだ6節で前期に強豪との対戦を残しているとはいえ、ここまではまずまずといったところか。
[PR]
by silky_wing | 2007-04-15 19:40 | Jリーグ
d0048858_0123983.jpg

カードと場所だけだと天皇杯決勝?って感じですが、れっきとしたリーグ戦です。
土曜日、アキバ行きの前にこの試合を観ていました。
後で知ったのだけど、淳吾は肉離れのため前半途中で、兵働は体調不良のため後半途中で交代。試合そのものはスーパー・ミドル2発に沈んだ感じではあったけど、これじゃ勝てないって。今日は起点がなかったという印象があり、正直、点が取れる気がしなかった。
選手層が薄いから仕方ないとしかいいようがない。淳吾のケガは心配(全治4週間!)だけど、ここが正念場。もし出られないようなら、兵働を左に回して、山本とか太田とか、出場機会に恵まれてない選手を使ってほしいな。
アレシャンドレ?正直印象薄し。もしかして、エスパルス○×外人の系譜??
[PR]
by silky_wing | 2006-09-20 00:22 | Jリーグ
※このエントリは下ネタではありません。

って普通逆の注記をするんだけどなあ・・・(苦笑)
ここ最近、遠野が誇るエロリスト某氏の色に染まりつつある当サイトですが、実は先月末からアクセス解析を導入していると、サッカーサイト方面からのアクセスが多く、「ああ、そろそろ平常営業に戻らないと」と改めて反省する次第。
アクセス解析には検索ワード・ランキングもあり、その1位は・・・何とビックリ、「シャムスカ」でした。何と自分のサイト名でHNでもある「N研究員」をも上回っているサーチ数。確かに、一時期はYahoo!のブログ検索で60位くらいに入ってたからかな。ちなみに、シャムスカについては、何度か単語としては出てきたものの、論じたエントリはこちらくらいなのですが・・・

と思ってたら、某所でこんなエントリが。
大分が誇るエロリスト鳥日新聞
曰く、
以前から思っていたのだが、シャムスカはエロい。
まず見た目がエロい。なにあの色男。
笑顔がエロい。優しい瞳に吸い込まれそう。
言葉がエロい。オシムの言葉は心に響くが、シャムスカの言葉は股間を濡らす。
そしてなにより、そのエロオーラで、チームを鼓舞して強くしているのがすげえ!
「君はやればできるんだよ…自分に自信をもって…」
「僕はどこにも行かないよ、君たちを強くするのがうれしいんだ…」
「とてもすばらしいプレーだった、感動したよ…」
あわわわ、シャムスカの言葉の後に「…」を入れると、まるでピロートークですよ!


知らない方は公式サイトにてそのご尊顔をご覧いただければと思いますが、何かすごいっつーか、やばいっつーか、何ともいえないオーラ出てるなあと就任当初から思っていたのですが、これで氷解しました。

なお、過去の数々の名言については、「シャムスカ語録」というサイトもあるので、そちらも併せてご覧ください。お腹一杯になれます。個人的には、昨年降格圏内からチームを立ち直らせた時の、「シャムスカ・マジックと呼んでいいか?」という質問に答えた、「シャムスカ・マジックではなく、オオイタ・マジックと呼んでくれ。」というのが一番ぐっときたかな。「レモネード事件」もすごいと思ったけど。
[PR]
by silky_wing | 2006-09-13 22:17 | Jリーグ
久しぶりのサッカーネタですが・・・昨日、スーパーサッカーを見てたら、
フロンターレの我那覇のことを、

「しまっちゅストライカー」と言っていた。
・・・絶句した。

我那覇といえば、
我那覇、サッカー日本代表入り 県出身で初(琉球新報)
にあるように、沖縄出身で初の日本代表入りした選手ですが、
よりにもよって

し ま っ ち ゅ ス ト ラ イ カ ー


d0048858_22315961.jpg

ですか。

何がよりにもよってといえば、
我社には沖縄の気候・風土に魅せられたもののみが入会を許されるという
「しまっちゅ友の会」
なるものが存在する。
この会長の存在感は他の追随を許していない。
どれくらい許していないかといえば、壁紙が「美ら島」なのは序の口で、

○沖縄には年1回はかならず長期滞在する。
○カラオケの持ち歌はジッタリン・ジンの「プレゼント」(オジサンながらものすごい美声。なぜか店員さんまで「写真撮らせてください」と言いだして、歌ってる姿を携帯で撮っていた)
○にもかかわらず、沖縄料理は「まずい」と言い放つ。
○しかも、泡盛も(以下同上)
○「しまっちゅ」のイントネーションにもこだわりを持つ(「ちゅ」の部分にイントネーションがあるらしい。またこの発音をするときがイイ顔するんだ)

くらいであり、次長であるS研究員(真面目な方)とはキャリアが違う。

そして、我々がその奥深さを思い知らされた最初が、
上記、「しまっちゅ伝蔵」を会員全員で酌み交わした時である(「しまっちゅ伝蔵」は奄美大島の黒糖焼酎なので、泡盛でないことから会長的にもOKらしい)。

あれ、サッカーの話に全然なってないや。ま、いいか。
[PR]
by silky_wing | 2006-08-27 22:15 | Jリーグ

ネドベドが見たい!

ユベントスのネドベド、現役引退を検討(スポナビ)

引退するなら、Jリーグに来て欲しいと思っているのは僕だけじゃないはず。
以前のエントリでも、Jリーグに大物外国人がいなくなったことには触れたが(もしかして、日本代表以外でW杯に出場するのって、韓国代表のチョ・ジェジンだけ?)、興行である以上、「華」はあったほうがいい。おカネと外国人枠の余っているチームは今すぐ獲得に動いていただきたい。みかかマネーを持っている某チームなんて、いかがでしょうか?
[PR]
by silky_wing | 2006-05-20 02:21 | Jリーグ

淳吾・・・

遅ればせながら、エル・ゴラッソの藤本淳吾インタビュー、読みました。
(GWで勘違いして買い損なってしまったんで、バックナンバーで購入したんです。)
やべーだろ、これ。何がやばいかって、他の選手について尋ねているところで、他の選手の特長を答えているのですが・・・
名前すら出てこない選手がGK含め3名いる(今シーズンのエスパルスのレギュラーはほぼ固定で、残りの10名は完全に特定できる)。その中の誰かについては、絶対オフレコなこと言っちゃったんだよ。きっと。
誰のことかって?それは言わずもがなということで・・・
[PR]
by silky_wing | 2006-05-19 22:40 | Jリーグ
d0048858_02817.jpg

不覚にも途中で寝てしまった前節のリベンジのため、雨の中等々力競技場へ。
といえば聞こえはいいものの、雨降らなかったら行こうと思っていたのが、お昼頃まで雨が降ってなかったので当日券を買ったすぐ後に降りだしただけなのですが・・・しかし、スタジアムに向かう道は雨だったものの、2階の屋根つきの席を何とか確保。意外に快適に観戦できました。
さて、試合ですが、席に向かう途中、コーナーキックからいきなり先制。丁度ゴール裏から見てたけど、誰かはわからず。後ろからだったからDFかな?と思っていたら、案の定斉藤でした。意外とセットプレーの得点多いんですよね。それにしても、二人ともレフティーなのに、左は藤本、右は兵働という分担になっているのは未だに分からない。それはともかく、まずは幸先のいいスタート。
試合は予想通り、組織の清水、個の川崎というイメージ。川崎がボールを持っても、清水は4-4-2のコンパクトな3ラインを形成しているため、スペースができない。そのため、前半の前半は、川崎はチャンスすら作ることができない。こういったフィールドを俯瞰しての守備組織の観察は、生観戦ならでは。「コミュニケーション・ゲーム派」は生観戦じゃないとサッカーをなかなか楽しめないんじゃないか、とも思う。しかし清水もいいことばかりではなく、ボールを持ってからが今一つ。「これ」といった攻めの形を持っていないようにも見える。「タメ」を作れるポイントがなかったので、大胆なオーバーラップやダイナミックなオフ・ザ・ボールの動きが見られない。特に、藤本が起点として全く機能しない。ボールを引き出す動きがない(していない)ため、本来落ち着かせるべき選手のところにパスすら出てこない。本来ならHTで交代のレベル。猛省を促したい。
そうこう言っているうちに、ジュニーニョのスーペル・ロングが炸裂。このシュートの軌道は本当に美しかった。今年屈指のビューティフル・ゴールでした。このあたりから、試合は徐々にフロンターレペースに。ジュニーニョが左に流れることによって、左サイドのマルコンがフリーでボールを持てるようになったのがポイント。そこからの展開でチャンスを作るとともに、右サイドの森の突破も効果的になっていた。
後半に入っても、フロンターレ・ペースは変わらず。ジュニーニョを一瞬フリーにしたら見事なスルーパスが通り、マルクスが押し込む。これで2-1。
しかし、これでフロンターレの気持ちが守りに入ったのか、エスパルスの選手交代によるものか、試合のモメンタムはここで拮抗状態に入る。エスパルスはDFを交代して攻撃的な選手を投入し、布陣だけは前の試合の伝説の6バック(笑)の逆バージョンに。
矢島 丸木 JJ 久保山
   杉山 枝村
兵働 和道 伊東 市川
     西部
しかし、4バックの形は守ったままなので(根本的な問題としてボールの落ち着きどころという点はあるにしても)、前がかりとまではならず。このまま逃げ切りかと思ったら、市川のクロスからの混戦をジェジンが押し込んで同点。試合は膠着したままでタイムアップ。
川崎は確かに強い。その強さの源泉は、やはり外国人3人の「個」がアクセントになっているため。一方の清水は、組織は整っているものの、決め手に欠く感は否めない。前節でのサッカーの内容はよかったものの(「オフ・ザ・ボール」というメッセージ)、コンスタントにできているとはいえない。上位進出には、まだ足りない部分があるといえるだろう。
[PR]
by silky_wing | 2006-04-29 23:50 | Jリーグ
今年無敗のあのワ級戦艦を擁する無敵の浦和帝國赤軍に勝ってしまった。どうやらすごいことらしい。
が、しかしだ。全く実感がわかない。というのも、2-0になってから寝てしまったからだ。結果的には2点とも見ていたので問題はなかったのだが…点の取り方も「あっ、入っちゃったよ」的な感じだったし。
どうも今年のエスパルスの試合は眠くなることが多い。大宮戦に至っては、生観戦の最中に居眠りしてしまったくらいだ。やってるサッカーの方向性は悪くないし、個々の選手の質も高い。しかしだ。何といったらいいのか、あまりに優等生的すぎるゆえの退屈を感じてしまっている自分もいたりする。後半は審判とかアナウンサーとかいろいろやらかしちゃったみたいで別の意味で面白かったみたいだけど、受けたのはそんな印象。降格の心配はしなくて済んでいるのだから、贅沢といってしまえばそれまでだけど。

試合の盛り上がりからいえば、その前にやってた監督解任ダービー(広島 1-1 C大阪)の方が断然面白かった。
広島は5バック状態だし、セレッソは4-1-4-1の欧州トップモード(笑)といえば聞こえがいいが、どっちもどっちで中盤スカスカでバイタルエリア使われまくり。前半なのに試合終了10分前くらいの間延び感がたまらなかった。でもどっちのチームもボールの出し手がイマイチで必死さと対照的なグダグダ感がたまらない。どちらも立て直すのは大変そうだと思います…
[PR]
by silky_wing | 2006-04-22 23:29 | Jリーグ
このテの妄想企画はいろいろあるのですが・・・
ルールは3つ。
○ジーコジャパンにおいて試合に出場していない(召集のみは可)
○Jリーグにてレギュラーとしてコンスタントに出場している
○1チーム1人ずつ。

というわけで、こんな感じになりました。
個人的な好みが大きいですが・・・

   西澤  我那覇
  (C大阪) (川崎)
鈴木慎      二川
(新潟)     (G大阪)      
   戸田  佐藤勇
  (広島)  (千葉)
新井場 栗原 闘莉王 市川
(鹿島)(横浜M)(浦和)(清水)
      西川
     (大分)

<ベンチ>
川島(名古屋)
青山(清水)
角田(名古屋)
若林(大宮)
[PR]
by silky_wing | 2006-03-18 01:39 | Jリーグ