「ほっ」と。キャンペーン

日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

カテゴリ:日本代表( 50 )

リベンジじゃないとはいっても意識せずにはいられない相手。
今日は結果がすべて。といいたいところだけど、PKまでもつれたんだから勝ったとはいえない。
序盤の互角に渡り合っていたとき。最後相手がドン引きになった時。
ここをどうやって崩すか、日本に求められている永遠の課題といっていいくらいだ。
この試合は結果が何より重要だったけど、次の試合は内容で相手を圧倒することが大事。まだまだ先は長い。
[PR]
by silky_wing | 2007-07-22 20:35 | 日本代表
結果だけをみれば申し分ない。最後の1点は余計だけど。
しかし、内容は手放しで喜べるものではなかった。
1、2点目は向こうのDFの集中力が切れていたように感じたし、3点目はラッキーなPK。
「高温多湿のせい」なのか、オシムジャパンの特徴である連動性は最後までみられなかった。
(もっとも連動性がみられないのは年が明けて4バックに変えてからずっとなのだが)
次は開催国のベトナム戦。明らかに格下ながら、これまでの戦績をみれば油断できない。アジアカップ予選では、韓国もアウェーで負けたんじゃなかったかな。気を抜けない試合は続く。
[PR]
by silky_wing | 2007-07-14 20:40 | 日本代表
まだ体調は万全でないものの、ASIAN CUPに惹かれて戻ってきてしまいました。ご心配をおかけしましたが、いましばらく様子を見守っていただければ幸いです。

オシムジャパン初の公式戦本大会、相手は「外人部隊」の上に国内リーグのレベルアップ著しいカタールということで、注目の一戦。
前半はずっと嫌な予感満載。一見一方的に押してるように見えるけど、ピッチの向こう3分の1では競り合いに全く勝てていない。いくら外人部隊が相手とはいえ、「個」ではアジアレベルでは勝てていないことを改めて露呈してしまった。あと1トップはやっぱり日本には合わないよ。後半は寿人を入れて2トップにしてほしいところ。ところで山岸が全然機能していないんですけど。
1-0のときはとにかくこのまま終わってくれという気持ちととどめをさしてくれという気持ちが半々。決定的なチャンスが少なかったので2点目は難しいので、時間がたつにつれてこのままいってくれという気持ちに傾く。よくわからないけどコンディションもあまりよくないみたいだし、暑くて動きも落ちてるみたいだし。羽生は山岸よりはマシだったけど、それなら寿人でもいい気がするが、それがオシム采配なのか。
1-1になってガッカリ。阿部ちゃん、あれはないよ。全くムダなファールじゃん。能活も言ってたけど、あの位置でFKがあれば、何が起こるかわからないのは必然。同じアジアカップ。オマーンに苦しみながら俊輔の超美技の一発で沈めたジーコジャパンと、交通事故のようなFKでカタールに引き分けたオシムジャパンとは運の差なのかそれとも必然か。

反対側の試合はメツ監督でガルフカップ優勝のUAEがベトナムに2-0で負けたという。嫌な予感だけが残った試合だった。

おまけ:今飲んで気付いたけど、代表のスポンサー・キリンの新製品「THE GOLD」のキャッチ・コピーは「隠し苦味」なのね。これって、縁起悪くないすか?
[PR]
by silky_wing | 2007-07-09 21:36 | 日本代表
行ってきました、横浜競技場。
感想は・・・何とも微妙。
システムは「4-4-2」なのだが、4バックにしたせいで、
かえって昨年見られたサイドからの大胆な上がりが余り見られない。

  高原  巻
 遠藤     中村
  阿部  啓太
駒野 中澤 釣男 KAJI

というか、攻撃に意外性が乏しい。中村俊輔はさすがだったけど、「考えて走るサッカー」じゃないよな。これは。
高原、中村、中澤の大駒3枚入れてるから、これをテストしただけでも意義があったという人もいると思うけど、課題は去年のサッカーにこの3人をいかに「融合」させるかであって、そういう意味では、去年のオシムジャパン(トリトバ戦、サウジ戦)にあったような、ワクワク感はがなかった。オシムの理想は2バックと思われるので、その目処が立ったのは好材料なのかもしれないが、普通のサイドの選手では2バックを4バックにしてしまう。このあたりの匙加減は非常に難しいのだが・・・
あと、阿部と啓太のボランチはいますぐやめた方がいい。レッズでもやってるけど、この組み合わせだと、阿部の持ち味が生きなくなる。ていうか、阿部ちゃんはこのポジションに入ると完全にアンカー専用になってしまうのは悲しい。その点今日は憲剛の方がよかった。というか、アンカー+CMFという組み合わせの方がいいということだろう。
あとは、駒野のクロスの精度は何とかならんのか?いくら左足とはいえ。
とまあ、つらつら文句は並べたが、結果だけなら文句なし。実質3日だし、それだけの水準を求めるのは酷か。というわけで、まずは中澤-釣男の2バックで、オシムサッカーの浸透を期待したい。
[PR]
by silky_wing | 2007-03-25 21:47 | 日本代表
僕の場合疲れていると、サッカー観戦中に寝てしまうことが多い。去年はスタジアムで寝てしまったことも2回あるくらいだ。なので、サッカー観戦があまり気分転換にならなくなってしまう。これでは余計疲れるという疲労無限ループになってしまう。やれやれ。
という個人的な事情はともかく、試合の感想をちろっとだけ。
・日本もアメリカもチームの仕上げ途上という感じ。マッチメークとしては丁度いい塩梅か。
・3トップとサイドMFからの攻撃というのはそもそも両立しないのでは?一般的には3トップの両サイドはウインガーが多いはず(少なくとも一人は)。その辺どう考えてるんだ?TBSの解説さん。
・あれが1トップだとしたら、今からやめた方がいい。日本人に1トップは合わないから。それより中盤を厚くした方がタメができる。
・平山をチームの中心にしようとしているなら以下同文。彼は「プラスアルファ」としてなら機能するけど、チームの中心にしようとしたチームはみんな失敗している(例:アテネ五輪代表、05年WY、2年目のヘラクレス←失敗する前に放出したのは正解)。唯一成功した(と思われる)国見高校ですら、輝いていた頃の兵藤が本当の中心だった。
・もし反町監督の電柱フェチが再燃したのなら以下同文(しつこい)。
・同じ3バックでも、「3-5-2」にして、中央の3MFにアンカー、CMF(飛び出し型or展開型)、トップ下の3人ではなぜいけないんだ。合理的な理由を教えてくれ。グルノーブル梅崎が不在というだけでは、理由にならないですよ。
・ついでに、アジア大会と戦術を変えた理由も以下同文。
・まずは今いる選手にマッチした、オーソドックスな形でチームの設計図を書いてきてくれ。話はそれからだ。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-21 23:25 | 日本代表
昨日の記事ですが・・・
中澤が復帰 大学生の林、藤本ら6人を初選出=サッカー日本代表候補(スポナビ)

>GK:
>川口能活(磐田)
>山岸範宏(浦和)
>川島永嗣(川崎)※
>林彰洋(流通経済大)※
>
>DF:
>中澤佑ニ(横浜FM)
>坪井慶介(浦和)
>田中マルクス闘莉王(浦和)
>阿部勇樹(浦和)
>今野泰幸(FC東京)
>
>MF:
>橋本英郎(G大阪)※
>羽生直剛(千葉)
>加地亮(G大阪)
>遠藤保仁(G大阪)
>中村憲剛(川崎)
>鈴木啓太(浦和)
>駒野友一(広島)
>野沢拓也(鹿島)
>相馬崇人(浦和)※
>佐藤勇人(千葉)
>田中隼磨(横浜FM)
>山岸智(千葉)
>藤本淳吾(清水)※
>
>FW:
>播戸竜二(G大阪)
>巻誠一郎(千葉)
>我那覇和樹(川崎)
>高松大樹(大分)
>佐藤寿人(広島)
>矢野貴章(新潟)※

ソースが報知だから???なのだけど、
関係者の話を総合すると“X選手”は左サイドである可能性が大きい。15日から始まる千葉合宿は国内組だけの招集。浦和からザルツブルクに移籍した三都主は参加しない。「ポスト三都主」についてオシム監督は明確に説明した。「新たに呼ぶ選手は三都主の“代役”ではない。三都主よりいい選手を呼びます」
だそうで。

オシムジャパンにおいてアレックスは必ずしも左サイドではなかった。
数霊術的に書くと「3-3-1-2」でフリーマン的な動きだった感じがする。
<参考:サウジ戦>
 我那覇 巻
    憲剛    ←アレックスはこの辺の高さから前のどこか
駒野 啓太 KAJI
今野 釣男 阿部

藤本淳吾?ポジションこそ違うもののタイプ的には中村憲剛の方が近いのでは。
相馬?駒野枠のように思えるのだが。
というわけで、個人的には、「アレックス枠」は個人技で「抜ける」選手だと思っているので、国内組では案外野沢なのかも。
もっとも、この枠は最終的には俊輔か松井が本命だと思っているので、3月24日のペルー戦は各ポジションのバックアップも要チェックですな。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-16 00:08 | 日本代表
アジア大会のレギュレーション通りのU-23(83年生まれ以降)も考えたけど、アウグス党さんのところでやられていたので、ここでは、U-21限定でやってみました。

  森島 平山
    梅崎
本田     水野
  柏木 谷口
 青山 福元 水本
    西川

おお、普通に強そう。心残りなのは枝村くんを控えにしてしまったことくらい。
システムは日本伝統の?「3-5-2」で。4バックは「左サイドバック問題」が永遠について回るので国際試合ではパス。なお、87年組からは4名をチョイス。アジアユースでの活躍が記憶に新しいだけからかもしれないけど、この世代には期待しています。ポイントは、デカモリシの起用。僕は平山の本質はストライカーであってポストプレイヤーではないと思っているので、1トップには反対。あえて、ポストタイプの森島と組み合わせてみました。
[PR]
by silky_wing | 2006-12-07 22:20 | 日本代表
前半だけ観て寝てしまったのですが・・・
朝起きてガッカリ。内容は悪いけど、なんとか持ちこたえられると思ったけど、ダメだったかと。野村監督なら「負けに不思議の負けなしや」と言ったところか。
北朝鮮はほぼA代表に近いメンバーだったらしいので、普通に考えれば格上。ジーコジャパンが昨年負けた相手に勝てというのは酷という見方もできる。水本の負傷、不利な組み合わせ(キルギスのはずがシリアになってしまった)など不運な面もあった。しかし、準備も含めてどうかと思う部分も多々あるので何ともいえない。
1つは、「4-1-4-1」があまり機能していなかったこと。真ん中で突破されすぎ。このシステムを機能させるには前線(前の「4」の部分)での鬼プレスが条件になるが、あまり整備されているとはいえなかった。逆に、ボランチの薄さを突かれて、水際でファールで止めるという繰り返しになった。それにより、フリーキックを20本与えたことが結果的に命取りになった。素直に谷口のポジションを下げて、「4-2-3-1」にするだけでも、随分違ったように思うのだが。
次に、準備試合が4試合もあったにもかかわらず、これを浪費したに等しいこと。あの準備試合での「3-3-3-1」は何だったのか。あれはあれで機能してなかったが、少なくとも本番前に同じシステム・同じメンバーを試しておく必要はあったのではないか。
最後に、よくわからない「1チーム1人」の原則。リーグが佳境だったのはわかる。しかし、この大会の目的が「北京五輪に向け、候補となる選手に国際経験を積ませる」ことにあるのならば、その際主力になるような選手を出場させなければ意味がないことになる。少なくとも、優勝争いも降格も賞金も関係ないようなチーム(例えばFC東京とかジェフ千葉とか。結果的には伊野波の不在は大きかった。もちろん、水野もだけど。)ならば、複数人数召集することに問題はなかったのでは。クラブ側にも自クラブの選手が全国ネットでTV中継されるのだから、メリットはないとはいえないはず。
試合を観に行ったときのグダグダ感から反町ジャパンの印象はもともとよくなかったのだが、結果だけでなく内容が悪かった今大会はガッカリした。アルビレックスでの同氏は徹底したリアリストだと思っていたのだが、これでは前任者並みの頭でっかちぶりではないか。正直、オリンピック予選が心配でならない。最終予選には87年組が合流するので、そこに期待するしかないのだろうか・・・
[PR]
by silky_wing | 2006-12-07 21:53 | 日本代表
久々に日本代表でスカッとした試合を観た気分。みんなそう思ったんじゃないかな。闘莉王以外は(笑)。アジアのトップ5(日本以外では、韓国、サウジ、イラン、オーストラリアあたりか)相手に内容で圧倒したのは、トルシエ・ジャパンのアジアカップ以来のような気がする。
彼我の戦力差が全然違うので比較が難しいけど、同じホームだったガーナ戦からみると、随分進化したように感じた。テストマッチから(一応)公式試合に向けて上手く修正した感じだろうか。
○システム自体は「3-3-3-1」から「3-3-2-2」(正確には「3-3-1-2」でアレックスがフリーマン?)に変更になったけど、基本的な変更点はない感じ。ただ、ディフェンスの3人のタスクが明確化されたためか、全体のタスクも明確化され、その分バランスも安定したように思えた。特に今野は前回は消化不良の感があったが、今回はきちんと機能していた。前回は故障明けの影響もあったのかな。
○中村憲剛のところでタメができるようになった。オシムがどう認識しているかわからないけど、個人的にはタメを作れる選手はチームに一人は必要だと思う。ヤットが負傷しているための起用なんだろうけど、個人的にはボールキープとパスの意外性では中村に分があるように思えた。
とシステムの話をしたけど、結局は闘莉王、啓太、中村のセンターラインがしっかりしていたことが大きかったんじゃないかと思う。やっぱりサッカーをするのは選手なんだなあと改めて実感。しかし、アジアで圧倒的な強さを持つだけでなく、もっと強い相手にも通用できるようになってほしいもの。アジアカップ本戦、そして報道されている欧州遠征とさらなる進化に期待したい。海外組もいるしね。
[PR]
by silky_wing | 2006-11-15 22:32 | 日本代表
負け惜しみだけど・・・
これがトーナメントの綾とはいえ、この結果は決勝までの相手関係の差としかいいようがない。
日本:サウジ→韓国
北朝鮮:イラク→ヨルダン
これじゃ勝てないって。あの2試合の死闘の後ではさすがにエネルギーが残ってなかったか。でも悔しい!
それにしても、柏木くん、いい選手だね。さらなる成長を期待してます。
[PR]
by silky_wing | 2006-11-13 02:19 | 日本代表