日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

カテゴリ:X級アイドル列伝( 10 )

「恋空」観てきました。

実はってほどでもないんだけど、僕は結構涙腺が弱かったりする。
単に単純なだけともいえるけど、その辺はB型だし。

で、「恋空」だけど、ケータイ小説といってもPCからでも見られるので、
先日休みの日に一気読みをしました。

・・・思いっきり泣きました。

世間的には過激な描写ばかりが取り沙汰されていたので変な先入観があったのですが、
実際に読んでみるとそれってどうなんだろう?って思いました。
むしろ、ちょっとした会話や生活の描写の部分に、なんとなくわかる部分があるのかなあと。
なので、あの冗長なくらいの長さが必要なのかなって思いました。
他にも、女性の心理とか、いろいろ考えさせられましたし。

もっとも、約600ページをクリックしつづけたら、さすがに疲れましたが(笑)。

てわけで、映画も観てみたいと思ったら、ロードショーは終わってました。
そこで、三軒茶屋にロードショーが終わった映画を放映する映画館があるので、そこに行くことにしました。


で、観てみた感想ですが…
結論から言うと、泣けませんでした。うーん、残念。

数年前にベストセラーになった「世界の中心で、愛をさけぶ」でも同じような展開だったのですが、
小説では大泣きしたんだけど、映画では泣くまではいけず。
こっちは高松に出張に行ったときにロケ地に行こうとしたくらい(結局用事で行けず)入れ込んでたんだけど(別の出張でロケ地に行った同僚が羨ましかったです)、終わってみたら綺麗な景色と長澤まさみの可愛さだけが印象的でした。


てか、高橋ジョージが出てる時点で、もう笑いそうになってしまって。
自分の世代的には高橋ジョージといえば、「ロード」であり、「何でもないようなことが、幸せだったと思う」であり、
(「ロード」については↓下記サイトを参照)
http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/18300770.html
そして40歳の時に当時16歳の三船美佳と結婚した(てことはそれより前に手を付けてたってことだよね?)犯罪スレスレ(てか犯罪)な人なわけであり、そんな人が親の役で「娘をください」って言われて困っているのを見ても説得力ないっすよ(笑)。

いかん、「恋空」について語っているはずが、高橋ジョージについて語っている(笑)。

他にも突っ込みたいところはやまやまなのですが、ネタばれになっちゃうので簡潔に。

○基本的に、話端折りすぎ。原作読んで脳内補完してやっとついてけましたよ。
○新垣由衣はいいんだけど、アイドル演技はどうよ?キスしてねーじゃん。事務所厳しいのね。
(そんなつまらないことが気になってしまう自分がちょっとイヤかも。)
○あの関西弁はなしでしょ。キャラも薄いし。ちょっと残念。


で、結論。新垣結衣かわいい。かわいすぎる。
もうそれだけで、1300円払う価値がありましたよ。
てわけで。ガッキーのアイドル映画ってことでFAです。ありがとうございました。


おまけ:「セカチュー」と「恋空」の年代設定ですが、
小説版は「セカチュー」は1975年生まれ、「恋空」は1984年生まれとのことです(確認済)。
N研究員は当然「セカチュー」世代ですので、女の子の気を引くのはラジオのウソ投稿(笑)。
高校生が携帯をめいっぱい駆使する「恋空」は、ジェネレーションギャップを思いっきり感じました。はい。
(最後だけ無駄に研究員っぽい(笑))


久々に長文書いたわぁ。お読みいただき、ありがとうございます。
[PR]
by silky_wing | 2008-03-17 22:44 | X級アイドル列伝

今日のタケルンバ卿。

良エントリが多く、最近すっかりファンになっている「タケルンバ卿日記」ですが、
まだ歌手みたいですよ
これは微妙にツボだった。SPEEDは10年前、まだインターネットがダイヤルアップだった頃には、随分個人サイトがあって、いろいろ語ってた人がいたはずなんだけど、もうすっかりいなくなってしまっているのが非常に残念。あの「熱気」は何だったのか、そして今はどうなのか、もっと語られてもいいように個人的には思っています。
もっとも、それだけ一家言ありげならお前が語れって?それはそうなのですが・・・(以下略)
まあ、hiroちゃんウォッチは継続しているので、気が向いたらそのうち語ると思います。
[PR]
by silky_wing | 2007-03-27 00:38 | X級アイドル列伝
サッカー好きでない方は、多分ご存知でないと思いますので、まずはこちらをどうぞ。

公式プロフィール(PC)
公式プロフィール(モバイル対応)

サッカー好きの方には説明不要ですよね。今年から白石美帆の後にTBS「スーパーサッカー」のアシスタントになった方です。
白石美帆の後任は、最近アイドルでフットサルやってるみたいだからそこからピックアップするんじゃないかと言われてましたが、そこまでは想定内。しかし、この可愛らしさは、予想の斜め上を遥かに行ってました。
番組オフィシャルでも、専用コーナーが設けてあります。

TBSスーパーサッカー「未央の部屋」

いや、たまらないっすね。つーか、サッカー好きを自認する自分でさえ、最近はJリーグ目当てなのか、どちらが目当てなのかわからなかったりします。

しかも彼女、ミスマガジン2001になっていながら、浪人して東京農業大学に行った(2007年卒業)という、変わった経歴の持ち主。
しかしながら、大学でもバイオテクノロジー学科で勉強に取り組む真面目な姿は、
↓のコラムにも現れていて、理系女子にはちょっとうるさい当方としては、非常に好感が持てました。
みお線各駅停車・バイオ行き

というわけで、現在サッカー界はワールドカップ惨敗を受け厳しい状況にありますが、2007年は敢えて時流に逆らって未央タソを推したいと思います。皆さんも、機会があったらチェックしてみて下さいませ。
[PR]
by silky_wing | 2007-03-12 23:38 | X級アイドル列伝
若槻千夏のブログ『マーボー豆腐は飲み物です』

昨年末の病気休養で仕事に穴を空けてしまったことによる仕事が減り気味のためか、メジャーどころにしてはありえない(blogの女王とか呼ばれてる人たちは別として)更新頻度になっています。
とりあえず、麻婆豆腐は飲みモノじゃねーだろというのは野暮な突っ込みです。十分味わい深いので余計な能書きもなしです。じっくり味わってみてください。
(傍らに、「芋、水割り、濃い目」なんかあったりすると、なお吉です。携帯からではさすがに難しいとは思いますが)
蛇足ですが、blogの下に「人気アイドルからお笑い芸人までタレントブログがいっぱい!」というアメブロの宣伝がありますが、若槻千夏はどっちだ?と考えてはいけません。多分どっちもです。
[PR]
by silky_wing | 2007-03-10 21:54 | X級アイドル列伝
かわいい女の子にありがちな仕草
[PR]
by silky_wing | 2006-12-05 23:13 | X級アイドル列伝
なんでも、

N-長澤まさみ
A-綾瀬はるか
I-石原さとみ
S-沢尻エリカ
U-上野樹里

なのだそうで。
今日姉から聞いて初めて知りました。
調べてみると、「知っとこ!」という番組で紹介していた(多分10月28日放送)らしいです。
その中では誰が好き?と尋ねられたので、たまたまその時間に放映していた「たったひとつの恋」にチャンネルを変えて戸田恵梨香を見せたのですが、案の定「誰それ?」という反応。世間の風は冷たいです・・・でも、連載は頑張って続けていきたいと思います。
[PR]
by silky_wing | 2006-12-03 00:11 | X級アイドル列伝
今シリーズの執筆に際して、ついに自腹での取材を敢行。観てまいりました。「デスノート the Last name」。いや、単に観たかっただけなんですけどね・・・
いやあ、面白かった。息もつかせぬ展開とはまさにこのこと。2時間14分があっという間に感じました。ただ、原作が未読だったため、ラストの整合性が今ひとつ理解できなかった部分はあったかな。帰ってからネットでいろいろ調べて、ようやく飲み込めたところ。もっとも、いろんなところで書いてあったけど、やっぱり原作→映画の順がよかったみたい。ちなみに、レビューはこちらが秀逸(注意:ネタバレありです)。
前置きが長くなりましたが、お目当ての戸田恵梨香は・・・思ったより出番少なかったかも。後編では活躍するとの触れ込みだったはずが、出演時間における監禁シーン比率、異常に高くないですか?まあ、ストーリー上仕方のない部分ではあるのはわかるのですが・・・映画とは全く関係ない点ですが、ちょっと不満でした。もっとも、原作のイメージが見事に表現されていたんで、その点での評判はいいみたいですけどね。
ただ、「デスノート」でのこの扱いが、彼女の現在のポジションを現しているともいえなくもない。映画ではアイドルから犯罪者まで幅広い演技をして、ある程度は評価されているんだけれども、主役はあくまでライト(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)。この映画だけじゃなくて、全般的な知名度でも似たようなイメージか。Googleで名前を検索すると148万件(11/25現在、以下同じ)。これは今クールのドラマで共演している綾瀬はるかの180万件と比べると決して少なくはない。でもその割には一部のドラマ好き・アイドル好きを除く普通の人の間では知名度が低いように思える(「セカチュー」ドラマ版主演の綾瀬はるかにはこと知名度では遠く及ばないはず)。「野ブタ。をプロデュース」「ギャルサー」「たったひとつの恋」と、日テレ土9枠の御用達女優と化しているにもかかわらず、主演は一回もないのが、その要因だろう。
でも、この年代(1988年生!)で優等生から極悪人まで幅広い役を演じきれる女優さんって、あまりいないのではないだろうか(タイトルは、そういう意味でつけてみました)。「野ブタ。をプロデュース」「ギャルサー」「デスノート(前編・後編)」と、全く異なる役柄の上に、段々演技がうまくなっている(「野ブタ」はちょっとワザとらしい気がしなくもなかったけど、あれはミスリードの演出なのかな?)。最初は単に「かわいいな」って思ってウォッチしはじめたけど、女優としてもこれからどんどん伸びていくんじゃないかな。願わくば、一度は主演を張って欲しいのですが・・・存在感で勝負するタイプじゃないので、主演を「食う」ということはなさそうなだけに。
これだけだとアイドル論になってないので、アイドルとしての戸田恵梨香のかわいさを表現すると・・・まっすぐな透明感と内に秘めた気の強さっていうことに尽きるんじゃないかと思う。もっとも、彼女自身、アイドルというよりは、演技に相当強いこだわりをもっているようなので、彼女の女優としての今後の活躍を、大いに期待したい。
[PR]
by silky_wing | 2006-11-25 23:37 | X級アイドル列伝
他に語るべきB級アイドルがいるにもかかわらず、いきなり超A級に行ってしまうのは気が引けるのですが・・・まあ、静岡県が誇るスーパースターということでご容赦ください(ちなみに父はジュビロ磐田初代監督で現在は静岡市にある常葉学園橘高校の監督をしていて2006年正月の高校選手権に出場、というのは有名な話。ちなみにオーディションを受けたのはゴン中山・生田智子夫妻の勧めらしいです)。
やばい、やばすぎです。
ルックス、スタイル、声、どれをとっても素晴らしいとしかいいようがない(特にスタイルは反則もの)。A級には興味を示さずウォッチするのは悉くB級アイドルという僕でさえも、彼女だけは例外。つい一挙手一投足に目が離せなくなってしまう。周囲にもいろいろリサーチしてみたのだが、長澤まさみだけは、難癖をつける人を見たことがない(厳密には一人だけ、「尻が小さい」などとぬかしてた輩はいましたが、彼は無類の熊田曜子好きでリビドーの塊のようなタイプなので、例外としていいでしょう)。
その上、今は日本を代表するスタアとしてのオーラまで出ちゃっているように見える。ちょっとタイプは違うが、全盛期のSPEEDや松浦亜弥を生で観たときに感じたようなオーラを、ブラウン管じゃなかった、液晶越しにも感じるのである。
が、しかし、そんな彼女、その比類なき存在感のために、
「長澤まさみの出る映画は、全て彼女のアイドル映画になってしまう」
というある種のジレンマが発生してしまうのである。僕が映画館に行く前には必ず見ている「前田有一の超映画批評」(以下の映画名のリンクは全て同サイトのレビュー)でも、その辺の危惧を示しておられた。

さて、次に長澤まさみであるが、いやそれにしてもなんだか最近彼女の事ばかり書いているような気がするが、相変わらずいい女優だ。文句は何もない。
だがしかし、東宝さんはあまり彼女を過保護にしすぎないほうがよろしい。今のような守備範囲の狭い役柄ばかりやらせていては、観客の間に「長澤の出る映画はどうせつまらない」という認識が生まれ、結局彼女のためにならない。かわいい子には旅をさせよ。長澤が最高に輝いている今だからこそ、観客の度肝を抜くような役柄に挑戦させたほうがいい。清純派女優が客を呼べる時代など、とっくに終わった。そして二度とこない。
さて、先ほどちらと触れた「長澤の出る映画はどうせつまらない」というのは、残念ながら徐々に既成事実化しつつある。

『涙そうそう』55点(100点満点中)

確かに、最近立て続けに「ロボコン」と「世界の中心で、愛をさけぶ」を観たのだが、どうにも終わってみると「長澤まさみが可愛かった」という印象しかないのである。原作の良さを活かしきれなかった「セカチュー」はともかく、「ロボコン」はプロットも悪くなく、ロボコンの場面もなかなかよく練られていたというのに。

もっとも、東宝はもう完全に居直って、「タッチ」「ラフ」と露骨なアイドル映画を量産しているようにも思えるのだが。
[PR]
by silky_wing | 2006-11-19 19:40 | X級アイドル列伝
「メトロアイドル」なるものをご存知だろうか?
東京メトロが毎月発行しているフリーペーパー「東京メトロニュース」(昔は「メトロニュース」)の表紙を飾っていた女性のことだ。
2005年から東京メトロのイメージキャラクターが山田優になったため、表紙は毎月山田優となっているが、それまでは月代わりで「メトロアイドル」が表紙となっていた。
このメトロアイドル、誌上で公募こそしていたものの、もちろん本当の素人であるはずもなく、実際にはタレントの卵が努めることがほとんどであった。
自他共に認めるB級アイドル好きの管理人は、毎月このフリーペーパーを楽しみにしていた。中でも最も可愛いと思ったのが、2003年7月号の林絵梨子さんというタレント(の卵?)だった。

(写真が水着なのはamazonからリンクしているためのもので、他意はありません。)

しかし、職場ではひどく不評であった。特にある姐さんからは、激しくダメ出しを受ける始末。おかげで、ずっと「○○専」と言われ続ける有様であった。
さて、この連載を始めるにあたり、あれだけ僕の直球ストレートだった彼女はどうしてるんだろうと思ってぐぐってみたら・・・


【野球】巨人の山田真介外野手が入籍 元タレントの林絵梨子さんと【フジムスメ】
あっさり芸能界を引退してました。しかも相手は知らない選手。ついでに山田真介選手をぐぐってみたら・・・
いつの間にかカープに移籍してました。木村拓也とトレードってことは、結構話題になったのかな?野球に詳しくないのでその辺はわかりませんが・・・
よくわからないけど、お二人とも頑張ってください。

って、書き終えてみたけど、微妙ですねこの企画。第1回から超マイナーの上、既に「元」アイドルだし。次回以降はちゃんと有名人を取り上げますので、読者の皆さん、ダメ出しで結構ですのでコメントよろしくお願いいたします。
[PR]
by silky_wing | 2006-11-14 23:24 | X級アイドル列伝
えーっと、この度新企画をやることにします。
タイトルは、「(仮称)X級アイドル列伝」
リアル友人にはその趣味が疑問視され続けて久しい管理人ですが、その時々でマイブームになったアイドルをレビューしていきたいと思います。
第一回は近日公開。乞うご期待です。もちろん、取り上げてほしいアイドルも募集中です。
[PR]
by silky_wing | 2006-11-13 23:27 | X級アイドル列伝