「ほっ」と。キャンペーン

日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

栃木SCが開幕2連勝

かなり気の早い話で恐縮ですが、2節終了時の順位ですが…
1 佐川急便東京SC 6 +8
2 YKK AP 6 +5
3 Honda FC 6 +4
4 アローズ北陸 6 +3
5 栃木SC 6 +2
6 アルテ高崎 4 +2
6 横河武蔵野FC 4 +2

実は、去年の後期の順位とほとんど変わってないんですね。
1 YKK AP 37
2 アローズ北陸 32
3 佐川急便東京SC 29
4 栃木SC 24
5 横河武蔵野FC 24
6 Honda FC 23
7 FCホリコシ 23

新規参入クラブの今後が注目されますが、勢力図は去年とあまり変わっていないとみてよさそうな気がします。
[PR]
by silky_wing | 2006-03-27 23:57 | 栃木SC

WBC優勝に思う。

野球は見なくなって随分経つけれど、とにかく嬉しい!
四の五の抜きにして、美味しいお酒を呑んでいます。
が、しかし、「この勝ち方って、歴史と伝統のある国だからこそできるんだよなぁ」とか、「ここで幸運を使い切って、サッカーはあっさり敗退とかありそうだようあ」とか余計なことを考えてしまう自分がいたり。
それでも勝ちは勝ち。素直に喜びましょう!

追記:勝ちっぷりとかプレースタイルとか、サッカーで言えばちょっと前のイタリア代表とかぶると思ったのは僕だけでしょうか?もちろんブラジル、アルゼンチンはアメリカ、ドミニカね。
[PR]
by silky_wing | 2006-03-21 23:24
栃木SC、Jへ好発進 FC琉球に逆転勝ち
何はともあれ、素直に嬉しいです。
未見のため、どういうチームづくりかはわからないものの、
2度のビハインドを追いついて勝ったのは、底力とみていいのかな?
他の昇格組も全て負けたんですね。
彼我の戦力差がわからなかったとはいえ、3チームとも即上位もありえると思っていただけにちょっと意外。もっとも、慣れの問題なのかもしれませんが…
それにしても、いくら激しい招待券のバラマキをしてたとはいえ、観客が6,153人というのもビックリ。
グリスタにそんなに人が入るのは想像つかないなあ。どんな感じだったんだろ?
Jリーグの規約上では、来年の昇格のためには、6月30日までにチームの法人化を済ませていないといけないので、それを睨んでのこともあるのでしょう。
もしかしたら、あっさり来年昇格することになるかもって言ってくださる方もいるわけですし。
いずれにせよ、いよいよ春の到来ですね。
今年は日程的に生観戦の機会が少なそうなのですが、暖かく見守っていきたいと思います。
[PR]
by silky_wing | 2006-03-20 22:58 | 栃木SC
このテの妄想企画はいろいろあるのですが・・・
ルールは3つ。
○ジーコジャパンにおいて試合に出場していない(召集のみは可)
○Jリーグにてレギュラーとしてコンスタントに出場している
○1チーム1人ずつ。

というわけで、こんな感じになりました。
個人的な好みが大きいですが・・・

   西澤  我那覇
  (C大阪) (川崎)
鈴木慎      二川
(新潟)     (G大阪)      
   戸田  佐藤勇
  (広島)  (千葉)
新井場 栗原 闘莉王 市川
(鹿島)(横浜M)(浦和)(清水)
      西川
     (大分)

<ベンチ>
川島(名古屋)
青山(清水)
角田(名古屋)
若林(大宮)
[PR]
by silky_wing | 2006-03-18 01:39 | Jリーグ

週刊エコノミスト特集「最高益の蔭で加速する 職場崩壊

かなりの好企画。わが意を得たりという思いでした。
年齢のせいか、同年代の友人が使い捨てのような働かされ方をしている話をよく聞くので、共感するところ大。
まだ映画の影響を引きずっているせいか、「Zガンダム」のカミーユのセリフを思い出しました。
「命は…命は力なんだ。命はこの宇宙を支えているものなんだ!それを、それを、こうも簡単に失っていくのは、それは、それはひどいことなんだよ!」
命を人材や人間に、宇宙を会社や社会に置き換えられないでしょうか・・・
[PR]
by silky_wing | 2006-03-12 21:58
実は、今年のJリーグの開幕戦、昨年と比較すると動員数が大幅減少している。

<2005年>
名古屋 × 千葉  17,239人
浦和  × 鹿島  52,789人
G大阪 × 大宮  16,168人
清水  × 広島  12,208人
大分  × V東京 21,630人
横浜FM × 磐田  41,868人
F東京 × 新潟  28,450人
神戸  × C大阪 23,226人
柏   × 川崎  11,875人
 合 計      225,453人
1試合平均     25,050人
(公式はこちら

<2006年>
G大阪 × 浦和  20,916人
甲府  × 清水  14,277人
F東京 × 大分  22,531人
名古屋 × C大阪 17,199人
磐田  × 福岡  28,564人
広島  × 鹿島  17,564人
川崎  × 新潟  17,444人
大宮  × 千葉  13,085人
横浜  × 京都  23,607人
 合 計      175,187人
1試合平均     19,465人
(公式はこちら

カードの問題が大きいとしても、開幕戦で平均2万人切るとは・・・
つーかこれ、開幕戦なら放っておいてもお客さんが入るとして組んだとしか思えないのだが。
第2節は、観客動員別格の浦和、新潟、昇格組の福岡、京都の初ホーム、大阪ダービーも大分のホーム開幕もあるので、そこが注目か。
[PR]
by silky_wing | 2006-03-07 23:12 | Jリーグ

公開初日に新宿に行ったのですが、ものすごいことに。
d0048858_23492169.jpg

意外にも?前評判がよかったせいなのかなあ?
結局土曜日は立ち見になると聞いて、日和って帰ってきてしまいました。
でも日曜日は、朝10時の回だったためか、
渋谷のマイナーな映画館だったためか、あっさり見られました。
感想は…「誰も知らないラスト」がウリみたいなので、言っちゃいけないんだろうなあ。
上記レビューでカンベンしてください。

で、強引にサッカーサイトとして話を戻すと(笑)
前から思ってた「ジーコジャパン≒Zガンダム」説を改めて実感しました。
(そんなたとえわからんという人がいるかもしれませんが、サカオタにガノタは多いから問題ないと勝手に判断。)
共通項は、
○格下に苦戦癖あり(ファーストの圧倒ぶりとは対照的)
○でも、相手が強くても格負けしない(ジ・O、キュベレイ戦など)
○突然、ハイパー化する(ヤザン、シロッコ撃墜時)
というわけで、本戦もハイパー化すれば何でもありです。しなければ…

関係ありませんが、タイトルの英訳
「LOVE IS THE PULSE OF THE STARS」
を見て、エスパルスを連想したのは私だけでしょうか…
開幕勝ち点3取れてよかったです。ほっとしました。

おまけ:この店、やばすぎです。仙台出張の折にはぜひ行きたい。

(3/12追記:前エントリのTV版全セリフ、「しげログ mk-II」に移転してました。)
[PR]
by silky_wing | 2006-03-07 00:03
今回の課題は、プレビューで既に述べたように、以下の通り。

<課題>
(1)「黄金の中盤」問題をどうやって解くのか?
(2)海外組と国内組との融合による「本番バージョン」のチーム作り
(3)久保、松井の融合

<結果>
(1)については、何てことはない。4人のうちあくまで中心は中田、中村で、残りの2人はベンチというのがジーコの「答え」だった。確かに、小野と稲本ならベンチに置いてもあまり文句もいいそうにないし(笑)その上で、福西をアンカーに、小笠原をバランサーにして中盤は流動的にするということか。この方法自体は見事に機能した。中田、中村は計算通りのパフォーマンスを見せ、福西は爽やかに潰し役をこなしつつ大事な場面では元FWの飛び出しを見せ、小笠原は「ファンタジスタを活かすファンタジスタ」っぷりを遺憾なく発揮して。後半20分からの4人同時併用時のザルっぷりとは好対照。もっとも、向こうさんも、前半と後半では別チームかというくらい動きが違ってたのでその点割り引く必要はあるのだが…
(2)については、一方で厳しい評価もできる。(1)はあくまで絶対評価。相対評価でいえば、ボスニア・ヘルツェゴビナはあくまでワールドカップ予選リーグ3位。スウェーデンを押さえて1位通過したクロアチアは一段上のチームとみてよい。オーストラリアが侮れないのは言うまでもないけど、クロアチアより上に行かなければ、そもそも決勝トーナメントはないのだから。あ、でもマッチメークした人はGJでした。テストマッチとしては良い相手だったと思います。
(3)久保は活かしどころが本当に難しい…あの爆発力は余人を持って代え難いけど、パフォーマンスの波が大きい上に、クサビ役になる「家来」も必要になる。久保を中心にするなら、大舞台での勝負強さと、ファールゲット→中村のFKへの期待込みで、我等がDFWが適任になるのか?あと松井のno useは納得できない。フランスリーグとはいえ、月間最優秀選手ですよ。アレックスに代えても1トップにしても、ピッチに立たせるべきだったのでは?
それにしても、高原、一体どうしちゃったの?ドイツ移籍以降のダメダメぶりが印象に強かったので、現在リーグ戦好調のハンブルガーで試合出場していること自体、不思議に思っていたのだけど、ここまでキレてるのを見たのは、2002年のJ以来のような気がする。これが「地の利」ってやつ?それとも、結婚効果?
それにしても、ロスタイムのゴールはビックリしたなあ。さすがに、本番ではあそこまでの「強運」はありえないと思うのですが…
[PR]
by silky_wing | 2006-03-01 00:22 | 日本代表