「ほっ」と。キャンペーン

日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

d0048858_02817.jpg

不覚にも途中で寝てしまった前節のリベンジのため、雨の中等々力競技場へ。
といえば聞こえはいいものの、雨降らなかったら行こうと思っていたのが、お昼頃まで雨が降ってなかったので当日券を買ったすぐ後に降りだしただけなのですが・・・しかし、スタジアムに向かう道は雨だったものの、2階の屋根つきの席を何とか確保。意外に快適に観戦できました。
さて、試合ですが、席に向かう途中、コーナーキックからいきなり先制。丁度ゴール裏から見てたけど、誰かはわからず。後ろからだったからDFかな?と思っていたら、案の定斉藤でした。意外とセットプレーの得点多いんですよね。それにしても、二人ともレフティーなのに、左は藤本、右は兵働という分担になっているのは未だに分からない。それはともかく、まずは幸先のいいスタート。
試合は予想通り、組織の清水、個の川崎というイメージ。川崎がボールを持っても、清水は4-4-2のコンパクトな3ラインを形成しているため、スペースができない。そのため、前半の前半は、川崎はチャンスすら作ることができない。こういったフィールドを俯瞰しての守備組織の観察は、生観戦ならでは。「コミュニケーション・ゲーム派」は生観戦じゃないとサッカーをなかなか楽しめないんじゃないか、とも思う。しかし清水もいいことばかりではなく、ボールを持ってからが今一つ。「これ」といった攻めの形を持っていないようにも見える。「タメ」を作れるポイントがなかったので、大胆なオーバーラップやダイナミックなオフ・ザ・ボールの動きが見られない。特に、藤本が起点として全く機能しない。ボールを引き出す動きがない(していない)ため、本来落ち着かせるべき選手のところにパスすら出てこない。本来ならHTで交代のレベル。猛省を促したい。
そうこう言っているうちに、ジュニーニョのスーペル・ロングが炸裂。このシュートの軌道は本当に美しかった。今年屈指のビューティフル・ゴールでした。このあたりから、試合は徐々にフロンターレペースに。ジュニーニョが左に流れることによって、左サイドのマルコンがフリーでボールを持てるようになったのがポイント。そこからの展開でチャンスを作るとともに、右サイドの森の突破も効果的になっていた。
後半に入っても、フロンターレ・ペースは変わらず。ジュニーニョを一瞬フリーにしたら見事なスルーパスが通り、マルクスが押し込む。これで2-1。
しかし、これでフロンターレの気持ちが守りに入ったのか、エスパルスの選手交代によるものか、試合のモメンタムはここで拮抗状態に入る。エスパルスはDFを交代して攻撃的な選手を投入し、布陣だけは前の試合の伝説の6バック(笑)の逆バージョンに。
矢島 丸木 JJ 久保山
   杉山 枝村
兵働 和道 伊東 市川
     西部
しかし、4バックの形は守ったままなので(根本的な問題としてボールの落ち着きどころという点はあるにしても)、前がかりとまではならず。このまま逃げ切りかと思ったら、市川のクロスからの混戦をジェジンが押し込んで同点。試合は膠着したままでタイムアップ。
川崎は確かに強い。その強さの源泉は、やはり外国人3人の「個」がアクセントになっているため。一方の清水は、組織は整っているものの、決め手に欠く感は否めない。前節でのサッカーの内容はよかったものの(「オフ・ザ・ボール」というメッセージ)、コンスタントにできているとはいえない。上位進出には、まだ足りない部分があるといえるだろう。
[PR]
by silky_wing | 2006-04-29 23:50 | Jリーグ
初めてディープインパクトを観たのは、京都の若駒Sだった。たまたまTVを着けたらテレ東の土曜競馬中継をやっていて、何気なく観ていたのだが、暴力的なまでの脚としか言いようがなかった。正直、あの競馬を見た時点で、三冠には興味がなくなってしまったくらいの衝撃だった。しかも、前走の阪神大章典ではパワーと落ち着きを見せつけ、世界制覇への可能性を感じさせた。このレースも最後は手綱を緩めるくらいの強さを見せつけて、海外への期待をさらに膨らませてほしい。
もちろん、そんなことは言うだけ野暮で、馬券的には馬単やら3連単などが実質的な焦点になるのだが、これはこれでなかなか興味深い。僕が競馬を始めてからつい数年までは、京都の長距離といえば、リアルシャダイだった。ライスシャワーを筆頭に、2着ならステージチャンプ、サンライズジェガー、3着ならムッシュシェクル、イブキマイカグラ、ハギノリアルキング、古くはオースミシャダイ。BMSでもイングラディーレがいる。菊花賞まで入れるとキリがないので割愛するが、あの一変の仕方は今となっては懐かしい。今年はハイフレンドトライが出走するが、馬券対象圏内はさすがに無理か。よくて掲示板といったところだろう。
最近だと、京都の長距離で印象的なのはサッカーボーイだろうか。といっても、こちらは頭数が多いわけではなく、ヒシミラクル、ナリタトップロードの印象が強い感はある。それでも、あの下りから直線まで息の長い脚を使うというレースぶりは、非常に魅力的に写る。
そういう観点から出走馬をみると、どうしてもアイポッパーに目が行ってしまう。前走は海外休養後の休み明けの上、明らかに不向きな力のいる馬場。今回は狙い目でしょう。
というわけで、今回はディープインパクト→アイポッパーでFA。以上。
[PR]
by silky_wing | 2006-04-29 00:23

Beastie Boys / Hello Nasty | Excite エキサイトミュージック

歳をとったなと一番実感するのは、最近のヒットチャートを見たとき。全然分からない上に、ついていけないと感じてしまう自分がいたりする。最近は聴いている音楽も、学生時代の愛聴盤を引っ張り出したものだったりする。例外なのは、m-floとyoshikaとクリスタル・ケイくらいかもしれない。ちなみに、今の脳内ヘビー・ローテーションは←こちら。というわけで、今日は脱力エントリにて失礼。

(おまけ)あのケット・シーさんよりTBを頂戴した上に思いっきり目立つ位置にリンクを張っていただいた。身に余る光栄でとても嬉しいのですが、いまどうやってTBを返そうか考えています。土曜日の川崎×清水の観戦記というのが最もいい形なんだろうけど、天気予報が気になるところ。日曜日には別件があるので、そちらの天気も心配なのですが・・・
[PR]
by silky_wing | 2006-04-27 23:14

涙なしには読めない本。


斎藤健『転落の歴史に何を見るか―奉天会戦からノモンハン事件へ』(ちくま新書,2002年)

―第二次大戦の「失敗」を語る本はあっても、それが「何故」起こったのかは説明されていない。日露戦争から第二次大戦に至る過程において、なぜ日本軍は「劣化」していったのか。そして、その教訓から「歴史の転換点」ともいえる現代に生きる我々は何を学ぶことができるか―
このような問題意識で書かれた本は、私のような浅学の者にも戦史のみが取り沙汰になりがちの日本軍に対して新たな視点を与えてくれるとともに、指導者のあるべき姿についても考えさせていただいた。
しかし、何と言っても泣けるのは、この著者、つい日曜日の補欠選挙で惜しくも敗れた、あの「さいとう健」さんということ(この本の存在を知ったのは「溜池通信」から)経済産業省のエリート官僚であることだけが取り沙汰されているが、本務の傍らでこのような本を執筆する一面を持つ上に、あとがきにある史料を目にして涙するエピソードからは、誠実な人柄をもうかがわせる。
が、本書で書かれている、「民主主義制度下においていかに有為な人材を指導者とするか」については、「ちょっと待てよ」と思われる面もある。曰く、イギリスでは政党がこれはという候補者には全面的なバックアップを行い、「必ず勝てる」選挙区に立候補させる。アメリカでは、大統領選における予備選挙からの過程が、大統領になるためには最低限をハードルとしての役割を果たす。等々。こうした仕組みについて言及すること自体は問題ない。しかし、落下傘候補が自分でそんなこと書いていたとなると、さすがにまずかったのではないだろうか?きっと執筆時には選挙に出るつもりなど毛頭なく、周囲からの強い要請があったことは想像するに難くないが、選挙というのは勝負事であるから、勝ち負けに関わる発言はさすがに問題だろう。もっとも、過去の著書だからどうしようもないのではあるが。
というわけで、特定の政党を支持するつもりは毛頭ないが、今後の同氏のご活躍は心から祈念したい。
[PR]
by silky_wing | 2006-04-26 22:57
当blogはプライベート中心であるため、特に休日の更新が多い。
そのため、月曜日の昼休みには大概、同僚がニヤけた顔をしている。
きっと、日曜日の夜にチェックしているのだろう。
それは仕方ない。
しかしだ。某所では昨日飲みに行ったことまでバラされている。
これでは定時にラビットの如く帰った私の立場がない。
その上激太りしたことまで書かれている。
もっとも、某所は恐ろしい所であり、人によっては頭髪に関する疑惑までバラされるので、それを思えば被害はミニマムといえなくはない。
あ、ちなみに当方の頭髪には特に問題はございませんので。念のため。
[PR]
by silky_wing | 2006-04-25 22:27

給油。

私の職場では、ラーメンを食することは「給油」と呼ばれており、
激太りにつながるため忌み嫌われながらも、習慣化している者も多数存在する。
中には同じ店に3日連続で通うような猛者もいる。
曰く、「昨日は油多めにしたらあまり美味しくなかったので、今日は普通にして確かめる」
「昨日は大盛にしたら麺が溢れんばかりでアレだったので、(以下同じ)」
「今日夜ランニングをするので、昼にエネルギーの補充をする」
彼は4月だけで同じ店に何回行ったのだろうか・・・
もっとも、これは可愛い部類で、給油のし過ぎで「油で人生語ります」などと意味不明のことを口走るようになった某氏よりはよっぽどまともなんだろうけど・・・
その某氏、ご愛顧の某家系ラーメンの店では必ず「油多め」をオーダーしていたらしい。しかも、転勤になった今でも、メールには必ず店の名前か家系のワードが入って、最後は「食べたい」で終わるようだ。油が脳にまで回っているとしか考えようがない。
しかし、正直に告白すると、かく言う私も給油野郎の一人である。
最近は、ここここここの3軒がヘビーローテーションだ。
これでは太るのもやむを得まい。
もっとも、冒頭の猛者は最近「でも痩せますよ」が口癖だ。沢山食べても、運動で消費するカロリーがそれを上回っていればいいというのは頭ではわかっていても、なかなかできるものではない。さすがは中学時代サッカーで全国大会に出場しただけのことはある。ダイエット法も強引にサッカーに例えると、攻撃陣が点取った先から失点していく、レアル・マドリーのようなものか。よし、この方法を「銀河系ダイエット」と勝手に命名することにしよう。というわけで、私も新しいスイミングキャップを購入したことだし、ジャグジーの回数を増やすことを、ここに宣言いたします。

(おまけ)「給油」の命名者は首都圏でも有数のラーメンの聖地の在住者である。さすがは地元民としか言いようがない。
[PR]
by silky_wing | 2006-04-23 23:27
今年無敗のあのワ級戦艦を擁する無敵の浦和帝國赤軍に勝ってしまった。どうやらすごいことらしい。
が、しかしだ。全く実感がわかない。というのも、2-0になってから寝てしまったからだ。結果的には2点とも見ていたので問題はなかったのだが…点の取り方も「あっ、入っちゃったよ」的な感じだったし。
どうも今年のエスパルスの試合は眠くなることが多い。大宮戦に至っては、生観戦の最中に居眠りしてしまったくらいだ。やってるサッカーの方向性は悪くないし、個々の選手の質も高い。しかしだ。何といったらいいのか、あまりに優等生的すぎるゆえの退屈を感じてしまっている自分もいたりする。後半は審判とかアナウンサーとかいろいろやらかしちゃったみたいで別の意味で面白かったみたいだけど、受けたのはそんな印象。降格の心配はしなくて済んでいるのだから、贅沢といってしまえばそれまでだけど。

試合の盛り上がりからいえば、その前にやってた監督解任ダービー(広島 1-1 C大阪)の方が断然面白かった。
広島は5バック状態だし、セレッソは4-1-4-1の欧州トップモード(笑)といえば聞こえがいいが、どっちもどっちで中盤スカスカでバイタルエリア使われまくり。前半なのに試合終了10分前くらいの間延び感がたまらなかった。でもどっちのチームもボールの出し手がイマイチで必死さと対照的なグダグダ感がたまらない。どちらも立て直すのは大変そうだと思います…
[PR]
by silky_wing | 2006-04-22 23:29 | Jリーグ

年齢のせいか、友達がものすごい勢いで結婚していく。あまりの多さに、誰が誰だかわからなくなっている。と思って数えてみたら、1~3月の間に5件だった。しかもその間、妊娠した友達も2人いた。人と比較したこともないのでわからないが、結婚の方は思ったよりは多くないなあ。友達が特に多いわけではない(年賀状を書くのも年50通程度。社会人としては少ない方だと思う)自分としては、多く感じるのかなあ?それとも誰か忘れているのかなあ?(をい)もっとも、両方友達で新宿の夜景をバックに突然発表とか、ライブ会場で偶然会って聞いたりとか、転職と同時の上に、気づいたら役所に届出が出されてたりとか、シチュエーションが余りにバラエティに富んでいるからかなあ?あ、そうだ、9月に式を上げた友人は未だに婚姻届を出していないって言ってたなあ。ちゃんと出したのかなあ?
もちろん友人にまつわる変化は結婚とかだけじゃなくて、転職だったり海外赴任だったりとその他もろもろあったりするのだが、いずれにしても、こうも周囲が大きく変化していくと、自分だけが同じところをぐるぐる回っているような気がしてくる。と言うと極めて村上春樹的な表現になるのだが、もちろん、あんなに無意味にモテたりはしない。むしろ桜井結婚前のミスチルの歌詞(非シングル曲)的な凡庸さというべきなのか。ここまで書いて、ビールを飲みながらどうやって話をまとめようか考えをめぐらせたものの、思いつかないのでこれにて撤収。

(4/24追記:また新たに1件発生。すごい勢いだ)
[PR]
by silky_wing | 2006-04-22 00:29
先日ラーメン屋で「エル・ゴラッソ」を読みながら食事をしていたら、別の席のお客さんが、「Jリーグなんてダメだよ」的な話をしていた。曰く、世界的にはレベルが低いし、日本代表の主力もすぐ海外移籍しちゃうし、観てるファンも一部のマニアだよねという、まあよくある話だ。
さすがに見てたものがものだったので非常に気まずい思いであったが、そういう主張もわからなくはない。かつてのように世界的な有名選手がいるわけでもないし(日本と韓国を除いたら2006年W杯に出る選手はいるのだろうか?ちなみに前回はミリノビッチ(スロベニア)だけだった気がする)、今「客を呼べる」外国人といったら、ポンテ、ワシントン、フェルナンジーニョくらいだろうか。今年は実際に観客動員も減っているようだし、髪を切りに行っても美容師さんがするのは大概チャンピオンズ・リーグの話だ。ウイイレの影響も大きいんだろうけど。
そんなことをぼんやりと考えてたら、丁度ケット・シーさんのエントリがあった(「サッカーの見方、考え方」)。「コミュニケーション・ゲーム」と「テクニック・ゲーム」という概念整理は、非常に明快だなあと感服。しかし、さっき述べたような実感から考えるに、一般的には、「テクニック・ゲーム」として見る人の方が多いのではないかと思う(一時期のレアル、今ならバルサに人気があるのがその象徴でしょう)。
ちなみにこの二分法だったら、自分は「コミュニケーション・ゲーム」派(ガゼッタさんなら「コレクティブ」という言葉を使いそうですが)なんだろうなあ。それもかなり極端な。何せファンからも評判の悪いクーペル時代のヴァレンシアや、ベロン、クレスポのいた時代のパルマが好きだったりするくらいなので(ちなみに2002年W杯はデンマークが一押しでした)。ここ数年のトレンドではないけど、ラインを高く保ってボールを持ったら全員が一斉に走るような感じ。といいつつ、スカパーに入ってないのでデル・ネリのサッカーは見ていないのですが…
Jリーグでもこれくらい極端なライン・ディフェンスをするチームがあると面白いのですが(オシムもシャムスカも今ひとつツボに入らないのはそこが原因なんだと思います)。個人的には、今浪人中のこの人がJリーグの監督になってくれないかと思っているのですが…
[PR]
by silky_wing | 2006-04-20 22:12 | その他サッカー

前から思っていた仮説。

実は自分の職場はほとんど自分と同年代の男性で、丁度自分が平均でプラス・マイナス4くらいで収まる範囲だったりする。その中でも、落ち着いている方、その正反対の方、マイペースの方などなど、それぞれ個性豊かで観察してるとなかなか面白い。普段から思っていたのが、年齢と「落ち着き」というのは独立事象で、最年少の方がもっとも落ち着いていたりする。
さて本題だが、今日同僚とランチをしていてわかったのが、職場の中で落ち着いている方の3名がいずれも配偶者(もしくは公認彼女)が年上であるということ。前々から「年上と付き合う男性は精神年齢が実年齢より高い」という仮説を持っていたので、わが意を得たりという思いであった。余談になるが、スポーツ選手の奥さんに年上が多いというのも、若くして修羅場をくぐってきているという意味ではこの仮説の延長線上に位置づけられると個人的には思っている。この辺はこうした分野に一家言お持ちのS研究員に尋ねてみたい気もしないではないが、一家言どころか何家言持っているか想像もつかない上に話出したら終わりそうもないのでやめておくことにしよう。
ちなみに、その上位仮説として「カップルというのは実年齢ではなく精神年齢が一致したところでくっつきやすい」という仮説を持っているが、俗っぽくなるが部長と不倫するOLなんかもいるので、いまいちそのあたりの機微はよくわからない部分もある。だがこの仮説が正しいと仮定すると、35歳独身にして「干支が一回り下を狙う」と息巻いている友人はどうなってしまうのだろうとふと思ってしまう。その前に自分の心配をしろと言われそうだが。
[PR]
by silky_wing | 2006-04-18 23:04