日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

この夏の一枚。


何も言わずに、とにかく聴いてみてください。心が癒される一枚です。それにしても、やっぱりhiroちゃんはすごい。沖縄出張の時に、宜野湾市を表敬訪問したかいがあるというものです。
[PR]
by silky_wing | 2006-07-31 23:23

サーバ構築の呪い。

この間、blogを見ていた友人(システムコンサル)に、「お前は何の仕事をしているのか?」と尋ねられた。
そりゃそうだ。このblogを見たら、仕事がSEだと思われても仕方ない。
サーバとの格闘は、90%以上は
勤 務 時 間 外 に
本来の仕事を行った上でやっていることです。当然、残業代も代休もありません。
中小企業の悲哀といえば、それまでのことです。
ちなみに、今週の進捗状況。
○サーバOSのインストール
(意外とあっさりできました。「普通のOSと同じ」というI○M勤務の後輩の言葉は正しかったです。前やったときには何でうまくいかなかったのかなあ。インストールするディスクを間違えたのか(3枚あって異常にまぎらわしい)、CDからブートするときに初歩的なミスをしたのか?)
○HDDの増設
(ファイルサーバの場合、OSをインストールするHDDとデータを入れるHDDを分けるのが常識。しかし、これが意外に難しかった。システムボードの仕様なのか、ジャンパーピンの設定をマスター/スレイブにすると認識せず、両方CSに設定するのが正解だった。次にBIOSの設定によりハードを認識させる。ここまではよかったが、OSがドライブとして認識しない。HDDのメーカ(Seagate)から設定ソフトをダウンロードしたが、これがサーバOS上では動かない。仕方なく、一時的に他のPCとマスター側のHDDを交換してソフトを起動させ、セットアップを行っておいてHDDを元に戻す。これで、何とかドライブを認識した。)
○USBポートの増設
(今使用しているサーバの筐体はUSB1.0しか対応していないので、ボードを増設した。これはPCIスロットに入れるだけで簡単にうまくいった。しかし、これが以前のOSの時には全く認識しなかったのである。全くわけがわからない。)

次の課題は、
(1)サーバOSのアップデート
(2)サーバOS用セキュリティソフトのインストール
(3)クライアントPCのアクセスの設定
あたりか。バックアップ用blu-rayドライブの購入は、価格が落ちてからでも十分だろう。

それにしても、何故こんなにサーバOSに拘るのか。
実はクライアントOSでファイルサーバを運用していた最大のネックは、同時アクセス数だった。
Windows XP Professionalは同時アクセス数が10なので(これはこれで理不尽。Windows9xでは、同時アクセス数は256だった。つまり、「改悪」なのである)、全員がアクセスすると誰かがアクセス不能になる。そうなるとどうなるか。僕のところにブーイングが殺到するのである。しかもこれ、誰かがサーバからログオフしないと解決しない。そもそもサーバOSを購入したのも、このトラブルについて、前の上司が思いっきりキレたためである(ちなみに僕は担当ですらなかったが、真っ先に文句を言われた。理不尽極まりない。)
しかしながら、今年度は人数が1人減ったため、こうしたトラブルはほとんど発生していない(実際には1件だけあったのだが)。ただし、人員補充を睨めば、今のうちに手を打っておく必要がある。というわけで、知識を入れながら、亀の歩みで作業を進めているのである。

最近、寝ても覚めてもサーバ構築が頭から離れない。ただでさえあまり眠れない上に、休日くらい頭をゆっくり休めたいというのに。はっきり言おう、この作業、前の年度の呪い以外の何者でもない。女性の多い職場だったら、PC周りに詳しいと「お近づきのチャンス」とかあるのだろうが、うちの職場には当然のごとくそんなものはない。その上、作業の重要性そのものも理解されていないのが現状だ。まあ、自分の目の前の仕事だけやってればいいという雰囲気だから当然といえば当然だけど。

ちなみに今週は、会社のドメインからメールを送信できなくなる「25番ポート事件」というものがあったのだが、この件はまた今度。この件についての、s○-netの対応も、理不尽極まりないものであった。
[PR]
by silky_wing | 2006-07-30 01:08
今回の惨敗に対して、川淵氏、ジーコ前監督の責任は重大だ。
しかし、「「黄金世代」がピークを迎える大会を台無しにした」という意見もあるが、これには賛同できない部分もある。
理由は2つ。
○WY準優勝の実績はあっても、下の世代が「素材」で劣っているとはいえない。
○2006年は欧州開催。非欧州開催の2010年大会の方が日本の躍進は期待できる。
(今回の組み合わせでは2点目は関係ないという向きもあろうが、ジーコジャパンの当初の目標が「ベスト8」であったことを想起されたい。)

1点目については、特に強調しておきたい。アテネオリンピックの敗戦の記憶があまりに鮮烈だったため、「谷間の世代」のイメージを払拭するチャンスを逸してしまったが、実はこの世代、相当レベルが高い。下のフォーメーションを比較していただきたい。足りないのは、国際経験だけで、全体のバランスは、81年組の方が上といえるだろう。

<79年組>
  本山 高原
 小笠原 小野
  遠藤 稲本
新井場 中田 坪井 加持
   曽ヶ端
ベンチ:村井、酒井

<81年組>
  寿人 前田
松井     石川 
  啓太 阿部
相馬 茂庭 釣男 駒野
    相澤
ベンチ:山瀬、勇人、森崎ツインズ

2点目も結構重要。今回波乱がまったくなかったのは、ヨーロッパで行われたことが大きいのはいうまでもない。次回は南アフリカ。ナイジェリア・ユースの再現が起こっても、全くおかしくはないだろう。
[PR]
by silky_wing | 2006-07-25 23:18 | 日本代表

7月の休日。

とにかく疲労が全然とれない。
何でこんなに疲れているのだろう?と思ってふと、7月の土日の過ごし方を振り返ってみた。

7月8日(土):大学にて共同講義
7月9日(日):HDD外付用ケース・データ移動ユーティリティとの格闘
7月15日(土):サーバ移設準備(元データを外付HDDに移動)
7月16日(日):HDD購入、移動したデータのバックアップ
7月17日(祝):移設先サーバのOSインストール、データの移動
7月22日(土):研究会の準備
7月23日(日):研究会の準備

8日を除いて、
全 日 出 社 し て い る  ・ ・ ・

8日の時点で、一部の方からは疲れているとのご指摘をいただいていたらしいというのに・・・
最近、昔のふとした幸せを思い出したりするわけだ、こりゃ。
不幸への片道切符、途中下車する方法はあるのでせうか?
[PR]
by silky_wing | 2006-07-24 23:07
日本代表オシム監督、U-21代表反町監督 就任会見

会長の責任追及は別途必要ながら、新生日本代表には期待が膨らんでしまう。何と言っても、来年には早くもアジアカップ。オーストラリアにリベンジする機会がすぐ先というのがありがたい。
この手の妄想企画はメンバーが決まる前にやらないと、今のうちに、「俺ジャパン2006」を開陳させていただきたいと思います。もちろん、2010年を想定の上で。

   寿人 平山
松井      小林大
   今野 阿部
兵働 角田 青山 内田
      川口
ジョーカー:田中達
[PR]
by silky_wing | 2006-07-23 00:32 | 日本代表
ここ数日書いたエントリのうち、問題のあるものについて、一部削除・修正しました。ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。また、励ましのお言葉をかけていただいた方には、この場を借りて心から感謝申し上げます。体調は以前芳しくなく、5月末頃からずっと低空飛行です(重要な会議や打合の時だけ一時的に復活するので、勘違いしてしまうのですが)。これ以上書くとまたグチか具体の症状を詳らかにしてしまいそうなので、とりあえずこの辺で。
[PR]
by silky_wing | 2006-07-18 23:47
サッカー好きにもかかわらず、今回のワールドカップもほとんど試合が観られなかった。ルーティン・ワークのようにHDDレコーダに録画をしつつ、午前0時からの試合を少し観る程度。
どういうわけか、ワールドカップの年のこの季節には、体調を崩してしまう。
前回大会もそうだった。もう少し体調が良ければ、ありとあらゆる手段を駆使してチケットを手に入れて生観戦したのだが、気力の低下が著しく、できないまま終わってしまった。
つーか、社会人の方は、時差も関係もあり、なかなか観戦できなかったのではないだろうか。朝日の社説子さんは、仕事に滞りがなかったのかじっくりおうかがいしたいところ。
ちなみに、体調を崩す原因はわかっている。どちらの年も、3月に大きな環境の変化があり、丁度6月病の時期にあたってしまったのだ。
学生時代だったフランス大会はとにかく観まくった。それはそれで問題がなくもなかったが。
果たして、南アフリカ大会はどんな形で観戦するのだろうか・・・
[PR]
by silky_wing | 2006-07-12 23:55

続、理系の悲哀。

今日もHDDと格闘してきた。
なぜ、FAT形式でHDDを物理フォーマットすると32GBまでしか対応できないのか。
にもかかわらず、なぜ某B社が配布しているユーティリティの物理フォーマットはFATだけしか対応していないのか。
とりあえず、物理フォーマットの件はHDDのメーカーのサイトから起動ツールをDLして何とか対応できた。英語サイトだったけど、気合で何とかした。結局、新品を買ったほうが遥かに早かったけど・・・_| ̄|○
しかも、まだ終わったわけじゃない。ディスクコピーユーティリティがうまく動作しないのだ。いろいろ試行錯誤して、何とかなりそうなところで帰ってきたけど、これで明日うまくいってなかったら、暴れることにしよう。
世の中、理不尽だらけだというのに、なぜコンピュータにまで理不尽を強要されなければならないのか。オチも何もないが、とにかく悲しい。

(7/16追記)
前エントリで書いたファイルサーバの予備用サーバへの移行は、トライ&エラーを何度も繰り返しながら、ようやく成功した。クライアントの設定変更も使用方法も変更なしで行う点に留意したのでユーザは気づかないと思うが、バックアップは格段に取り易くなっているし、以前サーバとして使用してた筐体にサーバOSを導入する作業は、時間のあるときにじっくりやればよくなった。これで、仕事としては一応一段落なのだが、出勤時間は短いものの、3連休はすべて会社に行くことに。これでいいのだろうか・・・
[PR]
by silky_wing | 2006-07-10 21:39

理系の悲哀。

実は当方、理系出身なのだが、職場の同僚は全員文系。そうなるとどうなるか。そう、ちょっとPCの調子が悪かったり、Wordの操作方法で詰まっただけで、呼び出されるのである。まさに、「俺サポートセンター」状態である。しかし、理系だからわかるってものでもない。その場でぐぐったり、力技で解決しているだけである。にもかかわらず、サポセンはいつも盛況である(ちなみに、MS-Officeの場合、作業する場合の心得として、一部のtipsを除けば、高度な機能は使わない方がいい。ちょっとした条件で機能しないことが多く、その部分を特定する方が時間がかかる。「迷ったらアナログ」が鉄則です。)
当然、本家本元のサポセン対応も回ってくる。この間はひどかった。故障のため、修理の発注をしたのだが、修理の見積もりのためには、故障箇所を特定しておく必要がある。しかし、特定方法が何とも微妙。「リセットボタンを10回押してください」とかそんな感じ。電話を聞いている人からは変な裏技にしか聞こえない。当然、同僚は大爆笑。こっちは必死だっつーの。某D○LLのおねーさん。何とかならないものでしょうか?
(ついでに実家からも時々サポセンの電話がかかってくるが、こちらには非常に無愛想な対応。親不孝な息子でごめんなさい。PCの操作方法聞かれるのなんて、会社だけでお腹いっぱいなんです・・・)
そんなこんなで、今日は職場でサーバのメンテナンス。我社は零細企業のため、ファイルサーバを未だにクライアントOSで運用しているのだが、マイナートラブルが発生するためにサーバOS導入を計画している。今はその前段階として、予備用サーバの準備をしているところ。予定では、簡単に終わるはずだったのが、ちょっとしたトラブルにより、思ったよりも難航してしまった。内蔵HDDに「ジャンパーピン」なるものが存在するなんて初めて知りましたよ。また一つ、もの知りになってしまいました。
こうしたPC周りの作業は通常業務に支障をきたすため、作業をするのは専ら土日だ。というわけで、今日も出勤してしまった。ちなみに職場の会館のおにーさんと顔見知りになるのは、休日に猛烈な頻度で行っているからです。でも、受付のおねーさんは土日には出勤していないので顔見知りになれません。世の中世知辛いです(このフレーズ、最近覚えた)。
昨日は昨日で大学関係の用事だったし、こんなことやってたら婚期を逸するんじゃないかと本気で心配になる、今日この頃です。
[PR]
by silky_wing | 2006-07-09 22:32
精神的な消耗がひどく、文章が書けないような状況だったのですが(心配してくれたMさん、ありがとうございます。)、少し回復してきたので、ぼちぼち再開しようかと思います。
ワールドカップは疲労のためほとんど見れてなかったので、サッカーネタはとりあえずスルー。Jが再開したらまた更新すると思います。栃木SCの試合も観たいし。
というわけで、サッカーネタは少し先になりそうですので、最近ツボに入ったものを時系列で。

○宇多田ヒカル「Ultra Blue」
○Cocco「ザンサイアン」
○melody.ライブ@SHIBUYA-AX
○石田衣良「池袋ウエストゲートパークⅥ 灰色のピーターパン」

あと、私の背中を押してくれた方々にも感謝。
○finalvent氏@極東ブログ:今更ながら「アルファブロガー」読みました。「日々の思いを綴ることを通して八百屋さんで声をかけ合うようなコミュニケーションをする。」すごく素敵だなって思いました。
○「R25」のaikoの記事:この人、やっぱり魅力的。自分の自慢話なしで「恋愛したい」って思わせられることってすごいなって思いました。aiko見るたびに「関西人はいいなあ」と羨ましく思うのは僕だけでしょうか。だって東京は(以下自粛)
○某さんのblog:本人の名誉のためにソースは秘密ですが、下ネタってどうして人を元気にするのでしょう。「バッカでぇ」って思うけど、辛いこともその時は忘れられるんですよね。心から感謝しています。

とりあえず、この辺で。
[PR]
by silky_wing | 2006-07-08 23:55