「ほっ」と。キャンペーン

日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今日はまず、読者の手紙から。東京都在住の30代の方からです。
(一部、表現は変えてあります)

N研究員様

お疲れ様です。

ブログけっこう拝見しています。
(略)

ちなみに、うちの奥さんは
N研究員さんのブログ経由で、
そのままシーモネーター姉妹のブログのファンになっていました。
(それはそれで心配です)


それはお目が高い心配ですね。でも、夕食の話題が一つ増えてよかったですね。

しかも、今日は貴重な、姉妹同時エントリの日なんだ。
ここここ
殺されかけたり、狙撃されたりするから、みんな気をつけてね。

それじゃ、今日はこの辺で。

(失礼しました。明日は、「代表発表。ここが○○だよオシムジャパン」をお届けします(予定))
[PR]
by silky_wing | 2006-08-30 23:12 | シーモネーター
皆さんそうだと思いますが、「好きなタイプはどんな人ですか」と聞かれるときって結構困ったりしません?一応その時の気分によってその場は答えるけど、「何か違うなあ」と思ってみたり。ネット界には、「好きなタイプバトン」も出回ってるようですが、とりあえずパス。「好きな女性有名人」でバトンを作ってみました。こっちの方が気楽に答えられるでしょう。

---
Q1 好きなグラビアアイドルを理由も合わせて1人挙げてください。
 若槻千夏。頭の回転が速くて話が面白いから。

Q2 好きなアイドル(非グラビア系)を理由も合わせて1人挙げてください。
 安倍なつみ。天使だから(嘘)

Q3 好きな女性アーティストを理由も合わせて1人挙げてください。
 hiro(元SPEED)。声が好き。見た目もタイプ。

Q4 好きな女優を理由も合わせて1人挙げてください。
 加藤あい。女優はあまり詳しくないのであれですが、連ドラ初レギュラーから見てたんで何となく。

Q5 好きな女子アナを理由も合わせて1人挙げてください。
 小島奈津子(元フジテレビ)。どうも最近の局アナはタレントっぽすぎて性に合わんです。

Q6 好きな女性スポーツ選手を理由も合わせて1人挙げてください。
 大谷未央(TASAKIペルーレ、なでしこジャパン)。プレーしてる時の写真しか見ないけど、良く見ると結構可愛いですよ。選手としても、決定力があるのが○。

Q7 好きな女性モデルを理由も合わせて1人挙げてください。
 SHIHO。程よく力の抜けた感じが好き。ちなみに雑誌でいうと、non-no系が好み。

Q8 好きな女性アニメキャラを理由も合わせて1人挙げてください。
 アスカ(エヴァンゲリオン)。前半の頃のキャラが初恋の人に似ているから。

Q9 実際には、どんなタイプが好みですか?
 顔を見ただけで、リラックスできる空気を持った人。一緒にいると仕事のことを忘れられる人だと吉(けっこう切実)。

Q10 このバトンを誰に渡しますか?
 M研究員さんは必須(これで、学生さんも納得していただけるものと思いますよ)。あとは、見た人はご自由にどうぞ。
---

おお、意外と普通じゃん。一部では「ぽっちゃり好き」(ひどい人になると「デブ専」)とも言われていますが、そうでもなさげ。つーか一貫性がまるでない。童顔好きがガチなのは認めますが(すみません。でもロリではありません。念のため)。ちなみに、この間友人に好きなタイプを尋ねたら、80%音無響子、20%セイラさんと言われた。どんなキャラだよ(笑)つーか、殴られたいの?

あと、結構性格とキャラ重視。大学時代の授業で、「満足度を規定する要因と、不満を規定する要因は異なる」というのを習ったことがあるけど、外見で「受け付けない」ことはあっても、好きになる要因って、性格とキャラが大部分のような気がするんですけど、どう思いますか?
[PR]
by silky_wing | 2006-08-29 21:39

焼け野が原。

一連の「疲れた」シリーズ以降、一部、削除したエントリを見た方を含めて、メールなどで多くの方から心配や励ましのメールをいただいた。

※ここから先は、管理人の心情吐露になりますので、「そんなの見たくない」という方は、ここで別エントリに移動していただければ幸いです。

続きを読む
[PR]
by silky_wing | 2006-08-28 17:49
久しぶりのサッカーネタですが・・・昨日、スーパーサッカーを見てたら、
フロンターレの我那覇のことを、

「しまっちゅストライカー」と言っていた。
・・・絶句した。

我那覇といえば、
我那覇、サッカー日本代表入り 県出身で初(琉球新報)
にあるように、沖縄出身で初の日本代表入りした選手ですが、
よりにもよって

し ま っ ち ゅ ス ト ラ イ カ ー


d0048858_22315961.jpg

ですか。

何がよりにもよってといえば、
我社には沖縄の気候・風土に魅せられたもののみが入会を許されるという
「しまっちゅ友の会」
なるものが存在する。
この会長の存在感は他の追随を許していない。
どれくらい許していないかといえば、壁紙が「美ら島」なのは序の口で、

○沖縄には年1回はかならず長期滞在する。
○カラオケの持ち歌はジッタリン・ジンの「プレゼント」(オジサンながらものすごい美声。なぜか店員さんまで「写真撮らせてください」と言いだして、歌ってる姿を携帯で撮っていた)
○にもかかわらず、沖縄料理は「まずい」と言い放つ。
○しかも、泡盛も(以下同上)
○「しまっちゅ」のイントネーションにもこだわりを持つ(「ちゅ」の部分にイントネーションがあるらしい。またこの発音をするときがイイ顔するんだ)

くらいであり、次長であるS研究員(真面目な方)とはキャリアが違う。

そして、我々がその奥深さを思い知らされた最初が、
上記、「しまっちゅ伝蔵」を会員全員で酌み交わした時である(「しまっちゅ伝蔵」は奄美大島の黒糖焼酎なので、泡盛でないことから会長的にもOKらしい)。

あれ、サッカーの話に全然なってないや。ま、いいか。
[PR]
by silky_wing | 2006-08-27 22:15 | Jリーグ
デル、バッテリー自主回収の国内対応を発表

 デルは8月15日、米Dellが8月14日に発表したバッテリーのリコールを受け、国内でも対応を開始した。
 自主回収の対象となるのは、Dell Latitude、Inspiron、XPSおよびDell Precision Mobile Workstationに搭載されて販売された特定のバッテリー。このソニー製セルを使ったノートPC用のバッテリーは、「極めて稀ながら、過熱した結果発火する可能性がある」という。なお、これらのバッテリーは、2004年4月1日から2006年7月18日にかけて出荷されており、修理交換用として販売された可能性もあるとしている。


ニュースでは聞いてたけど、自分には関係ないと思ってたのですが・・・
よく見ると機種当たってるじゃないですか(マイPCはinspiron700m)。発火ですよ。発火。しかもマイPCのホームポジションは布団の上なので、発火即炎上ですよ。
とはいうものの、恐ろしさはあまり感じず、むしろ当たってたら美味しいネタになるなあと思いつつ、バッテリーパックを外し、書いてある番号と自主回収対象部品番号と照合する。
「X5875」
おお、当たっている。年賀状は全然当たらないのに。

これは回収か?と思い、よくわからない期待?に胸をふくらませてサイトを読み続ける。
バッテリの自主回収
どうも、プロダクトIDをフォームに入力し、当たれば交換景品付き(嘘)らしい。
(プロダクトIDを入力)
・・・
どうも、外れだったらしい。
せっかく、「俺、リコール受けたんだぜ」ってネタにできるチャンスだったのに。
ほっとしたやら悲しいやら。
とにかく、いい夢見させてもらったよ。
[PR]
by silky_wing | 2006-08-26 16:10

おめでとうございます。

一昨日未明、友達に子供が産まれました。とにかく嬉しいです。
子供のお顔はまだ送られてきていないのですが、友達は幸せ一杯の表情で、元々可愛いコだったけど、母親になった喜びでものすごーくイイ表情をしていました。

実はメールは今日転送されてきたのですが、待てよ。昨日から一昨日ってことは、友達が母親になった喜びをかみしめていたときには、僕は四ツ谷にてシーモネーター姉妹と「真剣18歳以上しゃべり場」の真っ最中だったってこと?

何 や っ て ん だ 、 俺 。
_| ̄|○

「シーモネーター」シリーズも元祖ターミネーターの「4(製作中)」を超え、「疲れた」シリーズに代わって本blogのメインコンテンツの一つへと育ちつつある今日この頃(「疲れた」シリーズより健全といえないのが微妙)、これでいいのかとついわが身を振り返ってしまいましたよ。いいなあ、健全な世界。ちょっと前までは、自分にも手が届くと思ってたけど、すっかり今じゃ別世界に見えるものなあ・・・(遠い目)

(8/25追記:そういえば、あの日の帰り、家のポストには、結婚式に出た後輩からの「結婚しますた」のハガキが入ってました。口の中に残ったマッコリの残り香ですら、ほろ苦く感じた瞬間でした。)
[PR]
by silky_wing | 2006-08-25 23:52

敗北宣言。

「シーモネーター」氏との飲み会に逝ってきました。猛烈に楽しかったです。でもなぜか、敗北感に打ちひしがれています。

もうのっけから下ネタのオンパレードの嵐(←日本語になってない)。もちろん僕も嫌いじゃないので、今年に入ってから口にした分くらいの下ネタを一晩で言ったような気もしましたが、応戦にすらならず。勢いといい、ボキャブラリーといい、ネタの引き出しといい、完膚なきまでに圧倒されました。

こちらは口ベタの工学部、向こうは言葉を紡いでナンボの文学部。こちらは純粋培養の理系単科大。向こうは海千山千の総合大。ただでさえ、劣勢は明らかだったのですが…
その上、向こうは仲間まで連れてきてました。片方は「下」担当、片方は「エロ」担当の2トップで下ネタのスカイラブハリケーンを次から次へと繰り出され、とにかく呆然。「あらゆるジャンルを取り揃え」というのは伊達じゃなかった。サッカーに例えたら、何点取られたか分からないくらい。つーかキーパー一歩も動けず。という状態が何度あったことか。

一部ネット界では伝説のこのエントリも真っ青でした。別エントリで地雷踏んじゃったのがいけなかったのかなあ。

とにかく、
参 り ま し た 。
ここに、敗北宣言をいたします。

で、どんな下ネタかといえば、この辺とかこの辺に書いてありますが、内容については自己責任でお願いします。
[PR]
by silky_wing | 2006-08-25 00:17 | シーモネーター
どの言葉にも含蓄のあるオシム氏ですが、今回は特に感銘を受けたので、ちょっと長いけど引用させていただきます。

オシム監督のサッカーと日本代表のこれから(上)
 日本のチームが大きい選手を集めてそれに対抗しようとしても勝ち目はありません。それより、日本人の特徴を最大限に生かしたサッカーをつくり上げ、それで対抗するというのが、オシム監督の基本的な考えです。
 これは、「日本人だから」ということではなく、オシム監督がどこの国で指導することになっても同じだと思います。たとえそれがFIFAランキングで200位に近いチームであっても、彼は「自分らしく」プレーすることを求めるでしょう。サッカーという競技は、105メートル×68メートルのピッチ、7.32メートル×2.44メートルのゴール、そして11人ずつの2チームという以外に、ほとんど制約のないスポーツだからです。ロングボールを使おうと、ショートパスで攻めようと、勝つためにいちばんの方法であればいいのです。
 そして忘れてならないのは、オシム監督の考えのベースには、サッカーをプレーすることで自分自身の人生に何らかの意味をもたせてほしいという哲学があることです。それはサッカーをすることの「喜び」です。自分自身の努力と献身で目指すプレーができたときの喜び、仲間と力を合わせて何かを達成できたときの喜び…。それを、プレーする一人ひとりの選手が感じ、そして周囲で見ている人びとにも伝わってほしいと考えているのです。彼自身が認めるように、オシム監督は「ロマンチスト」なのです。

(大住良之「フットボールの真実」)

オシム氏の言葉は、そっくり自分の仕事にも当てはまる。
○「自分らしく」仕事ができているだろうか?
○そもそも、「自分らしさ」とは何だろうか?
○自分自身の努力と献身で仕事を達成する喜びを感じているだろうか?
○そのためのセルフ・コントロールはできているだろうか?
○仲間と力を合わせて何かを達成できたときの喜びを感じているだろうか?
○そもそも、「仲間と力を合わせて」仕事をしている実感があるだろうか?
どの問いかけにも、首を振って溜息をついている自分がいる。これではいけない。
[PR]
by silky_wing | 2006-08-24 23:53

明日は飲み会。

※下ネタの苦手な方はこちらへどうぞ。

明日は飲み会なのだが、どうも主賓が職場で下ネタが言えず鬱憤が溜まっているらしい。
というところまでは知っていたのだが、夕方、幹事から「Fw: シーモネーター」というメールが届いた。しばし絶句したが、頭の中には、「ターミネーター2」のエンディングの音楽が延々と流れることに。
ああ、何て状況だろう。明日の阿鼻叫喚が思いやられる。

ちなみに、下ネタ好きは「単語系」と「散文系」に分かれるが、単語系は周りにいると恥ずかしいだけで、それほど実害はない(場合によっては、「下ネタしりとり」とかに巻き込まれる場合もあるけど)。もっとも、単語系も擬音好きとかになると、結構粘性が高く、困り者であるが・・・
それより、困るのは「散文系」の方だ。トローンとした目で「どちらかといえば乗られるのが好き♪」と言われてどうリアクションしろというのか。まして相手を自分が知っていたりしたら気まずいことこの上ない。

今回の主賓は「単語系」(だと思われる)なので、それほど心配してはいないのですが…
[PR]
by silky_wing | 2006-08-23 21:42 | シーモネーター
先日、地上デジタル放送対応テレビをようやく買った(9月1日に新モデルが出るらしく、やたら安かった)。
地上デジタル放送については、以前論文も書いたにもかかわらず対応機も持っていないということで、研究者として非常に心苦しく思っており、これでようやく地デジ体験ができると喜んだのだが・・・
設定をしても

全 然 写 ら な い

のである。
ちなみにうちの集合住宅は電波状況が悪く、地上波のVHFでも画面がかなり汚く、UHFは全くといっていいくらい写らない。どうもUHFのアナログ放送がが写るレベルの電波状態でないとデジタル放送も写らないようでので、いろいろ検討してみた。
室内アンテナ:実家にあったものを持ってきて試してみたが、全くダメ。室内アンテナは電波の強いところで使用できるものであって、元々住居のアンテナがダメなところで設置しても、ダメに決まっているらしい。
屋外アンテナ:ベランダに設置して、冷房の排気口を利用するか、すきま配線ケーブルを用いるかして室内に引き込めばよいようだが、電波状況がよくないとやはりダメらしい。
電波状況次第なのは、総務省のサイトにも、
従来建物等の反射等で良好に受信できなかったところや、現在共同受信設備で見ている場合でも、地上デジタルテレビ放送になると、個別に受信アンテナ(各戸の屋根、ベランダ等)を設置することで直接受信することが可能となるところもあります
と堂々と書いてある(共同受信施設のアンテナ等について)。「ところもあります」って、何だこの歯切れの悪さは。

ちなみに、UHFの屋外アンテナについては、BSアンテナのようなフォルムのものよりも魚の骨型のものがいいとか、衛星放送なら向きを衛星に向ければいいが、地上波は東京タワー側を向けなくてはいけないとか、いろいろあるらしい。しかし、ウチは窓の外の手すりにしか設置できないので魚の骨型はあまり現実的な選択肢とはいえないし、そもそも窓が東京タワーの反対側にある上に1階ときている。

無 理 じ ゃ ん 。

さて、どうしたものか…引っ越すしかないってことか?自分はメカには強い方だという自負はあるが、それでもこの有様である。2011年にはアナログ放送は廃止されるそうだが、

や れ る も ん な ら や っ て み ろ

今回の一件で深く感じました。
総務省は衛星放送やIP伝送で補完する方向で検討してはいるが、検討じゃ遅いよ。今こうして観れない状況にある人って、きっと大勢いるんだから。つーかこうした政策を考えてる人って、みんないい一軒家に住んでるんだよ、きっと(一軒家なら周囲にマンションなどの遮蔽物さえなければ、従来のUHFアンテナで快適に受信できる)。単なるひがみだけどさ。

いずれにしても、地底人への道は険しい。

参考:地デジのインフラ整ってますか - 意外と知られていない受信のツボ
[PR]
by silky_wing | 2006-08-23 00:18 | 研究