日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

過疎地域の2641集落が消滅の危機 国交省など調査(朝日新聞)
 全国の過疎地域にある約6万2000の集落のうち、4%強にあたる2641集落が高齢化などで消滅する可能性があることが、国土交通省と総務省の調査でわかった。うち422集落は、10年以内になくなる可能性があるという。地域別では中国、四国が多く、いずれも500集落近くが消滅の危機を迎えている。
 調査は過疎地域自立促進特別措置法に基づいて、過疎地域とされている全国775市町村を対象に、両省が昨年4月末に実施した。「集落」の定義は数戸以上の住居のまとまりで、町内会などの単位となる地域。消滅の可能性の判断は各市町村にまかせた。


かつて、明治時代には約70,000(明治21年には71,314だったという。ソースはこちら)の自然村があるといわれており、これが同年の市制町村制の制定により、約15,000の行政区画としての市町村になった。当時の総人口は約4,000万人。集落当たり約500人強ということになる(都市部を考えれば、平均的な集落の人口はもう少し少ないだろうが)。

現在の日本の人口は約1億2,000万人。減少基調にあるとはいえ、当時の3倍だ。しかも、当時とは比べ物にならないだけの豊かさと科学技術を持っている(いや、政府の負債だけは当時を上回っているかもしれないが)。もちろん、いくら豊かで技術があっても、これら全ての集落に都市的な生活を営むだけのインフラを提供することは不可能だ。それでも、何とかならないものだろうか。

日本の場合、平野部に比べて山林部の面積が遙かに大きい上、下流域にある平野部が、上流域にある山林部と直結している構造にある。これがどういうことを意味しているのかといえば、アメリカの場合、極端なことをいえばゴーストタウン化した地域を放っておいても、(汚染物質等は別として)特段の支障が生じるわけではないが、日本の場合、山林部にある集落が、平野部にある都市部を守っているという側面がある。環境学の知見では、自然というのは人間によって一定の手を加えることによってはじめてコントロール可能になるという面があるからだ。

その山林部の集落が、維持できなくなりつつあるというのだ。これは極めて重大な問題なのではないか。背景には都会への人口流出もあるし、近年は総人口の減少もこれに拍車をかけている。産業構造の変化も要因だし、国・地方を通じた危機的な財政状況も大きな要素だ。

恐らく調査の「消滅する可能性のある集落」というのは、定義次第でもっと多くなるだろう。そして、公共事業と地方交付税でこれらの集落を維持することは不可能なことは、ここ30年くらいの年月が証明している。では、わが国の国土保全はどうすればいいのか。自分を含む都市住民にとっても重大な政策課題であるにもかかわらず、議論は依然として「都市」と「地方」の対立という、紋切り型の捉え方だけにとどまっている。確かに地味ではあるけれど、これは重大な政策課題なのではないか。陳腐な表現で恐縮だが、自然科学と社会科学を融合させた学際的・総合的なアプローチこそが、今求められているのではないかと思う。

※何か、学部生のレポートみたいになってしまいましたね。掘り下げた考察ができなくて申し訳ないです。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-27 00:11 | 都市・地域雑感
僕の場合疲れていると、サッカー観戦中に寝てしまうことが多い。去年はスタジアムで寝てしまったことも2回あるくらいだ。なので、サッカー観戦があまり気分転換にならなくなってしまう。これでは余計疲れるという疲労無限ループになってしまう。やれやれ。
という個人的な事情はともかく、試合の感想をちろっとだけ。
・日本もアメリカもチームの仕上げ途上という感じ。マッチメークとしては丁度いい塩梅か。
・3トップとサイドMFからの攻撃というのはそもそも両立しないのでは?一般的には3トップの両サイドはウインガーが多いはず(少なくとも一人は)。その辺どう考えてるんだ?TBSの解説さん。
・あれが1トップだとしたら、今からやめた方がいい。日本人に1トップは合わないから。それより中盤を厚くした方がタメができる。
・平山をチームの中心にしようとしているなら以下同文。彼は「プラスアルファ」としてなら機能するけど、チームの中心にしようとしたチームはみんな失敗している(例:アテネ五輪代表、05年WY、2年目のヘラクレス←失敗する前に放出したのは正解)。唯一成功した(と思われる)国見高校ですら、輝いていた頃の兵藤が本当の中心だった。
・もし反町監督の電柱フェチが再燃したのなら以下同文(しつこい)。
・同じ3バックでも、「3-5-2」にして、中央の3MFにアンカー、CMF(飛び出し型or展開型)、トップ下の3人ではなぜいけないんだ。合理的な理由を教えてくれ。グルノーブル梅崎が不在というだけでは、理由にならないですよ。
・ついでに、アジア大会と戦術を変えた理由も以下同文。
・まずは今いる選手にマッチした、オーソドックスな形でチームの設計図を書いてきてくれ。話はそれからだ。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-21 23:25 | 日本代表

準加盟承認。

JFLの栃木、鳥取の準加盟を承認=Jリーグ (スポナビ)
 Jリーグは20日の理事会で、日本フットボールリーグ(JFL)の栃木SC、ガイナーレ鳥取の準加盟を承認した。FC岐阜については継続審議、東北社会人2部リーグのペラーダ福島の申請は却下した。栃木SCとガイナーレ鳥取は今季のJFLで4位以内に入れば、Jリーグ2部(J2)への昇格が可能となる。
 FC岐阜は、JFL開幕前の3月16日までに常勤役員1人と常勤スタッフ2人を置く資格要件を満たすことが必要となる。この条件が満たされれば、臨時理事会を開いて改めて審議する。 
[ 時事通信 2007年2月20日 21:01 ]


というわけで、栃木SCのJリーグ準加盟があっさり承認された。戦力的には圧倒的に優位のFC岐阜は継続審議。条件に常勤スタッフが挙げられているということは、栃木SCの場合、栃木県と宇都宮市からの派遣職員が効果があったということか。逆にFC岐阜は県の裏金問題が響いたのか、地元との調整がつかなかったのか。自治体の支援ということでいえば、何故か及び腰の部分があるようだ。
参考:JFL昇格 新たなステージへ―5― ◆資金集め「これから」(岐阜新聞)

もう少し深く突っ込むと、栃木SCの場合、ホームタウンが「宇都宮市」になったというのが隠れたポイント(参照:Jリーグ公式)。多くのJリーグのクラブでは、県が音頭を取って、ホームタウンを「広域化」するということで県全域とする場合が多い。これはJを目指すチームだけではなく、甲府、山形といったJリーグのチームでもみられる。しかし、県全域をホームタウン化すると県および県内企業からの支援が得られるというメリットがある一方、クラブの側から見るとサッカースクールなどの経費がかかるという面での「難しさ」もあるようである。それでも、栃木SCの場合、名前も名前だけに、県全域をホームタウンとすると思っていた(これが、ロッソ熊本(ホームタウン:熊本市)とは違う点)。しかも、栃木SCの場合には、大田原市が支援を表明していた。それだけに、この決定は余計に意外に感じた。まあそのうち、2市がホームタウンという形になるのかもしれないが。

追い風はさらに続く。

J2昇格条件はJFL4位以内=Jリーグ
 Jリーグは20日の理事会、総会で、Jリーグ2部(J2)への入会基準のうち、日本フットボールリーグ(JFL)で原則2位以内としていた成績面での条件を、同4位以内に変更することを決めた。
 鬼武健二チェアマンは「2010年にJ2を(現在の13クラブ)から18クラブに増やす目標がある。JFL4位以内のJリーグ準加盟クラブが昇格対象となるが、経営状況がよくなければ上げない」と語った。 
[ 時事通信 2007年2月20日 21:01 ]


Jリーグ側の意向が「J2のチーム数の増加」にあるのは明らかだが(最良のシナリオは熊本、栃木、岐阜の3チーム同時昇格による16チーム3回戦制の導入だろう)、栃木SCにとっては条件が一気に有利になった。といっても、佐川、Honda、岐阜、熊本が有力で、YKKクラスには負られないのだから、栃木SCにとっては決して楽とはいえないだろう。それでも、地域リーグ組にはV・ファーレン長崎、グルージャ盛岡、ヴォルカ鹿児島、ファジアーノ岡山、エルザ松本等々、J参入を狙うクラブは数多くひしめいている。チームとしての持続可能性にはまだ不安は大きいが、こうなった以上は、「一発参入」を狙いたくなるのが人情(Jリーグの狙いもそこにあるのだろうが)。山下を筆頭とした大補強といい、いきなり勝負の年になった。今年のJFLは、熱い年になりそうだ。

ただ今後問題になりそうなのはチームの名称。商標の関係上、名称の変更は不可欠らしい。

新チーム名 08年から(下野新聞)
 さらに、「栃木SC」の名前を引き続き使うことを望む根強いファンの声もあったが、商標法上、適用範囲が広い「栃木」や「サッカークラブ」は使用できないため、これらも選考手続きが遅れた要因に挙げた。

「FC東京」がアリで「栃木SC」がNGな理由は全く不明なものの(適用範囲が広いって言ったら「湘南」なんてどうなんだよ?)、そう言えば、JFL以上では県庁所在地=県名のところを除いては、道府県名=チーム名ってところはない(管理人注:コメント欄でのご指摘により訂正します。正しくは「少ない」で、G大阪と愛媛が該当します。詳細はコメント欄を参照)なあ(地域リーグには「ノルブリッツ北海道」があるけど)。そういう理由かどうかは定かではないけど。宇都宮市がホームタウンになったことが名称問題と関係あるのかまではさすがにわからない。いざとなったら「下野」を持ち出しそうではあるが。「SC」の方は、「スポーツクラブ」と略称が重なるからだろうか。
ちなみに、商標上の理由による名称変更は「ブランメル仙台→ベガルタ仙台」、「大分トリニティ→大分トリニータ」、「福岡(藤枝)ブルックス→アビスパ福岡」などの事例がある。この分では歴史を受け継ぐ名称ってのは厳しそうだけど、関係各位におかれては、「カ○タマーレ」みたいなのにはならないよう、切に願いたい。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-20 22:07

こちらもショック。

国分太一とaikoが交際にピリオド(ニッカン)
TOKIO国分太一(32)が、8年間交際を続けてきたシンガー・ソングライターaiko(31)と破局していたことが17日、分かった。関係者によると、破局したのは昨年の8月ごろ。お互いのスケジュールが忙しく、擦れ違いの生活が原因だったという。大阪在住だったaikoが都内に引っ越し、交際は順調で結婚目前だとみられていたが、2人は別れることを選んだようだ。
[2007年2月17日14時13分]


そのうちリンク切れすると思われるので、記事も貼っておきました。
うーん、このカップルはうまくいくと思ってたんだけどなぁ・・・結構ショックです。
内容とは関係ないけど、「シンガー・ソングライター」ってめちゃくちゃ懐かしい響き。間違っちゃいないんだけど、今時なかなか聞けない単語ですよね。

ちなみに、一部では不評だったけど、aiko出演のdocomoのCMはこちら。既にドコモのサイトでは見られなくなってるようです。

さらにおまけですが、ドコモといえば、ラジオCMの古谷徹・池田秀一バージョンはめちゃめちゃ味わい深いです。キャンペーン開始時とバージョンが違うけど、ガンヲタ必聴です。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-20 00:01

連戦連敗。

書くのも恥ずかしいのだが、最近、デートのお誘いを悉く断られ続けている。
年が明けてからわずか1ヶ月半で5連敗。昨年の10月にさかのぼっても、4か月で7連敗ということになる。
数字はその前段のお誘いも含んでいるのであれなのだが、まあ要は「あなたには魅力を感じません」ということを意味しているということに変わりはないので、正直、完全に自信喪失状態である。大した取り柄がないというか、人間的な魅力に乏しいというのは事実には違いないが、カウントしてみると、改めてショックを受ける。

さて、どうしたものか・・・
(1)研究者である一方、週末は現役の神主でもあるS研究員に良縁祈願のお祈りをしてもらう。
(しかし、これはK前会長がしてもらって、全く効果がなかったという心配がある。もっとも、S研究員に言わせると、自助努力が足りないとのことなのだが・・・)

(2)仕事に走る。(今でさえも限界ギリギリの状態なのに、これ以上負荷を強くしたら間違いなく壊れるので、これは却下したいなあ・・・)

(3)S会長のようにアニメ(○トムズ)とゲーム(○におくん)に走り、アキバ道を極める。
(アキバに行く→会社のLANの不備に気づく→備品購入→休日に設定作業→余計疲れる→体調を崩すというのが想定されるような気も・・・それにS会長、何気にモテてるし。)

うーん、打つ手なしか。まあ今の自分周りの現状と来年度の予定では、(2)になるのは実質的に決まっているようなものではあるけど、そうなると、ストレス増大による更なるピザ化→モテからますます遠ざかるという、素晴らしき無限ループが待ち構えているような気がするなあ・・・
何か、終わってるよなあ。いろんな意味で。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-17 22:38
昨日の記事ですが・・・
中澤が復帰 大学生の林、藤本ら6人を初選出=サッカー日本代表候補(スポナビ)

>GK:
>川口能活(磐田)
>山岸範宏(浦和)
>川島永嗣(川崎)※
>林彰洋(流通経済大)※
>
>DF:
>中澤佑ニ(横浜FM)
>坪井慶介(浦和)
>田中マルクス闘莉王(浦和)
>阿部勇樹(浦和)
>今野泰幸(FC東京)
>
>MF:
>橋本英郎(G大阪)※
>羽生直剛(千葉)
>加地亮(G大阪)
>遠藤保仁(G大阪)
>中村憲剛(川崎)
>鈴木啓太(浦和)
>駒野友一(広島)
>野沢拓也(鹿島)
>相馬崇人(浦和)※
>佐藤勇人(千葉)
>田中隼磨(横浜FM)
>山岸智(千葉)
>藤本淳吾(清水)※
>
>FW:
>播戸竜二(G大阪)
>巻誠一郎(千葉)
>我那覇和樹(川崎)
>高松大樹(大分)
>佐藤寿人(広島)
>矢野貴章(新潟)※

ソースが報知だから???なのだけど、
関係者の話を総合すると“X選手”は左サイドである可能性が大きい。15日から始まる千葉合宿は国内組だけの招集。浦和からザルツブルクに移籍した三都主は参加しない。「ポスト三都主」についてオシム監督は明確に説明した。「新たに呼ぶ選手は三都主の“代役”ではない。三都主よりいい選手を呼びます」
だそうで。

オシムジャパンにおいてアレックスは必ずしも左サイドではなかった。
数霊術的に書くと「3-3-1-2」でフリーマン的な動きだった感じがする。
<参考:サウジ戦>
 我那覇 巻
    憲剛    ←アレックスはこの辺の高さから前のどこか
駒野 啓太 KAJI
今野 釣男 阿部

藤本淳吾?ポジションこそ違うもののタイプ的には中村憲剛の方が近いのでは。
相馬?駒野枠のように思えるのだが。
というわけで、個人的には、「アレックス枠」は個人技で「抜ける」選手だと思っているので、国内組では案外野沢なのかも。
もっとも、この枠は最終的には俊輔か松井が本命だと思っているので、3月24日のペルー戦は各ポジションのバックアップも要チェックですな。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-16 00:08 | 日本代表
もちろん義理なわけですが、学生時代からそのような風習のあるところにはいなかったので、素でビックリして、目が点になってました。S市のSさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-14 23:44
すごくマニアックではあるけれど、実に味わい深い数字がここにはある。
平成19年度租税及び印紙収入予算の説明[974kb,PDF](財務省)
    平成18年度 平成19年度(単位:億円)
所得税:127,880→165,450(+37,570)
法人税:130,580→163,590(+33,010)※税制改正による4,090億円減を含む
消費税:105,380→106,450(+1,070)
財務省、とっても強気。つーかこういう数字って、やっぱり政治的な配慮とかあるのかなあ?よく知らないけど。
いずれにせよ、黒字決算じゃないと課税されない(厳密に言うといろいろあるけど)法人税や、「三位一体改革」で累進性が強くなった所得税がこれだけ伸びるにもかかわらず、消費税は全然伸びないとのこと。何だそりゃ。企業も個人もそんなに儲かってるのに、何をしようというのか。経済ど素人の私には、全く意味がわかりません。三面等価の原則とか、根底から無視しているようにしか見えません。つーか偉い人、誰か教えてください。いや経常黒字で外貨は稼ぐけど、国内消費には向かわないというのは頭ではわかるんですけどね。何か、しっくりこないというか、この数字、素直に読むと、企業の内部留保は別として、富裕層向けの市場が活況化する一方で、一部の「勝ち組」以外の消費は冷え込んで国内消費は差し引きゼロってことですよね?(私の理解が間違ってたら訂正してください)だとしたら、何てイヤな世の中なんだろうって、一庶民としては思うわけですよ。
それにしても、そもそも誰がそんなに「おっかねもちー」なんでしょうか。ちなみに、僕の給料は全然上がりません。誰も聞いてないついでにもっと言うと、仕事は増える一方です。これでWCEでも導入された日には、涙も枯れてしまうというものです。いや、その前に関西方面の吝嗇家で名高い某氏から禿激しい抗議のメールが来そうな気がする。
というわけで、誰か、「お金ちょーだい!」
[PR]
by silky_wing | 2007-02-14 00:12
いつもお世話になっているM研究員が、大学院修了者の無駄なプライドの高さにお怒りの様子だ。
もっとも、以前のエントリでも書いたように、私の指導教官の口癖は「研究も仕事も同じ」だったので、きっと、そういう人は研究能力もないんだろうなあというのが単純な感想です。身も蓋もないですけど、実際そうですから。私の仕事は研究職なのですが、職場は大学院(修士修了or博士課程満期退学)からの生え抜き組と、研究職の経験のない出向組の混成軍になっています。そのため、結構入れ替わりが激しく、多くの人をみていますが、ほぼ例外なく、実務ができる人は、研究もできるし、研究ができる人は、実務もできます。また、仕事で多くの研究者の方と接することが多いですが、研究者としての評価の高い人は、驚くほど実務能力にも優れています。
確かに、研究を進めたり、論文を書いたりするためには、ある種の「作法」があるのは間違いないですが、逆に言えばその「作法」さえ身につけてしまえば、誰でもできることだと断言できます。ただ、この「作法」には暗黙知の要素があるために特殊な技能と思われがちなだけで、早い人で1年、普通の人で2年あれば身につけられます。ですから、私はあまり文系の新卒者には大学院への進学はお勧めしません。自分の経験とは逆になるけど、特に社会科学は社会人になって勉強したくなってから行けばいいものだし、そのほうがいい研究ができると思っています。
とここまで偉そうなことを言ってしまいましたが、私の実務能力もまだまだなんですよね。職場では敢えていろいろな仕事を引き受けたりしてるのですが、いかんせんまだ未熟者です。ご指導のほど、よろしくお願い致します。

(2/14追記:某研究会である自治体からのご報告を聞いて、自分の仮説の正しさを再確認いたしました。調査研究1年目とは思えない、大変スマートで興味深い内容で、実に勉強になりました。どうもありがとうございました。)
[PR]
by silky_wing | 2007-02-12 01:24
2週間ぶりの更新で一部の方々におかれましてはご迷惑をおかけいたしましたが、当方生きてます。一応。
さて、本題ですが、現在土日も仕事しているスクランブル状況にあるのですが、3連休につき、1日は休んでいいかなと思ったので、前から気になっていた標記映画を観に行った次第。テーマ的にはあまり気分転換に適さなかったかもだけど、あの重いテーマをここまで優れた娯楽作品に仕上げた周防監督の手腕にはただただ脱帽です。
もっとも、観に行く前から私のウォッチしているサイト・ブログではすごいことになっていて、「公開は2007年だが、2006年観た中で最も面白かった映画。すべての男が見るべき大傑作」(前田有一「超映画批評」)を筆頭に、この辺とかこの辺とかこの辺とかでも話題になっていて、一体どうなってるんだ?と思ったけど、やっとわかりました。
前評判はやはり伊達じゃなかった。最近、ネットが普及していいなあと思っていることの一つに、ネタバレなしに「ハズレ映画」を観なくて済むようになったということがあるのですが、今回もその恩恵にあずかれました。もっとも、超巨大規模の口コミをやっているわけだから、当たり前といえばそれまでだとは思いますが…
感想は・・・ただただ、「お見事」というほかない。逮捕から起訴にいたるまでの理不尽な描写の見事さ、裁判劇での有利な材料と不利な材料が交錯するジェットコースター感、どれをとっても素晴らしいです。
しかし不思議だったのが、観客のうち3:2か2:1で女性の方が多かったこと。カップルは少なくて、女性二人組とか結構多かったかも。映画の当事者は男性なのですが、痴漢問題は女性の方が切実だから(首都圏在住の若い女性で痴漢にあったことのないという人はほとんどいないでしょう)なのでしょうか…
内容とは関係ないけど、瀬戸朝香が手にとってたのが『ジュリスト』だったのを見て軽く親近感を覚えたり、裁判の場面で『六法全書』が置かれているのを見て理由もなく嫌な気分になったりするのは完全に職業病ですよね。完全にどうでもいいことですが。
もっとどうでもいいところで、便乗しているこんな人もいましたが…
植草被告、映画「それでもボクは-」引用(ニッカン)
というわけで、法律通のS研究員とU教授ウォッチャーのS会長をはじめ、関係各位におかれましては、同映画をご覧にんなることを強くお勧めいたします。
[PR]
by silky_wing | 2007-02-10 21:24