日々考えていることを思うままに。ひっそりと栃木SCを応援しつつ、かなり脱線してます。(注:エキサイトブログを除き、リンクのないトラックバックは受け付けない設定となっております)


by silky_wing

<   2009年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

栃木-徳島@西が丘

J2を目指すため完全プロ化したため、ほとんどの選手が入れ替わっちゃったんで、最近はご無沙汰だったのですが、久しぶりに行ってきました。

というのも、ホームのグリスタ(栃木県グリーンスタジアム)はナイター設備がない工事中なので、ナイトゲームは東京で開催してるんで。

ま、自分的にはラッキーなのですが。

久しぶりに行った西が丘。
やっぱいいですね。ピッチとの距離が近くて。

前に行ったのも栃木SCの試合だったんですけどね。
(アマチュア時代、前期優勝を決めた横河武蔵野戦)

てか、その頃と応援している人の数があまり変わってないよ。
まあ、平日の上に地元じゃないんでこれは仕方ないのですが…

さて、やっと試合内容。

栃木は4-4-2の3ラインで、ラインを高く保つコンパクトなサッカーをやろうとしていた。

これは徳島相手には一応通用していて、中盤では数的優位を一応保っていて、互角にやりあえてた感じ。
もちろん、裏を取られたらってのはあるけど、徳島にはそんな気の利いた選手はいなかったし。てか徳島の10番、ブラジル人なのに何か微妙にいけてなかったような…

栃木の方は選手でいうと、米山と栗原はJ2下位ではちょっとレベルが違う感じ。
米山はディフェンスで非常に「効いてる」感じでボールの奪い方も安心して見てられる。
栗原は攻撃時のほとんどのボールは彼を経由してじゃなかったかな。松田監督が連れて来ただけに、当然といえば当然なのでしょうが。
元J1では河原もいたけど、そんなに目立ってなかったような印象。シャドータイプなので、チャンスがなかったというのもあるとは思いますが…

ただ、マイボールになってからの攻撃の形がなさすぎ。

何ていったらいいのか、単調な縦ポンとかサイド一辺倒とか、そんな言葉で形容できるような形すら見当たらないような感じ。うまく言葉にできなくて申し訳ないのですが、とにかく「形」すら見当たらないというのが正直な印象。
7試合やって1得点なのも、わかるような気がするといったところか。
まずは守備からで、チーム構築中なのかもしれないけど、ここまでいくと選手はもちろん、監督の手腕も問われるところではあるような。

というわけで、決定機は徳島の方が多かった。
得点かと思ったらオフサイドだったり、小針がやたら当たってたり。
徳島の決定機はセットプレー絡みがほとんどで、流れの中ではさほど崩されてなかったのが救いか。といっても、現代サッカーはセットプレーで決まるとも言われるので、単なる言い訳ともいえるのですが…
てか栃木は1回しか決定機はなかったし。

あと、期待してたのがアマチュア時代に栃木SCから大宮に移籍して、今年から戻ってきた若林。
このblogの過去ログを読んでいた方はご存知かと思いますが、当時のJFLでは抜きん出た存在感だったのが強く印象に残っていて、ずっと気になっていた選手なので、途中出場とはいえ、見られたのは嬉しかったです。

ただ、プレーがちょっとアレだったなあ…
確かにマークが厳しかったというのもあるけど、ポストとしては、もう少し頑張ってボールキープしてもらいたかったような。こう言っちゃあれだけど、徳島のDFに抑え込まれてるようではなあ…
僕の期待値が高かったってのもあると思うけど。
あと、チームとしても、若林の身長を活かした高いボールをもっと使ってほしかったなぁ。セットプレーもフィードも。
少なくとも今の状態では、途中出場なのもやむを得ないのかなあと。
個人的には日本には少ないタイプの万能型FWと評価しているので、河原との2トップが機能すれば面白いはず。もっともっと頑張っていただきたい。

こんな感じなので、結果は書くまでもないですよね。
0-0のスコアレスドローでした。
でも楽しかった。このチームはまだ成長途上。また観に行きたいです。
[PR]
by silky_wing | 2009-04-16 01:18 | 栃木SC